モデルで女優の武田玲奈(20)が7月27日に発売した2nd写真集『rena』(撮影:阿部ちづる/集英社)が週間1.2万部を売り上げ、8/7付オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で初登場1位を獲得した。武田にとって同部門1位獲得は『武田玲奈1st写真集「short」』(16年4/11付)に続き2作連続。また前作が同日付で記録した週間最高売上1.1万枚を上回る好スタートとなった。

 10代最後のメモリアルとなる同写真集は、本人が「ずっと行きたかった!」と最も憧れていた世界の最先端都市のアメリカ・ニューヨークと、東海岸屈指のリゾート地・マイアミで撮影。ナチュラルな表情やアニメコスプレ、さらに初めてのランジェリー姿など決意のセクシーカットに挑んだ。

 そのほか、総合部門にあたるBOOK部門ではゲーム攻略本『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてロトゼタシアガイドfor Nintendo 3DS』『〜for Playstation4』(ともにVジャンプ編集部/集英社/7月29日発売)が、それぞれ週間売上12.1万部、7.2万部で1位・2位を独占。新書部門では日本社会の深刻な人口減少問題をテーマにした『未来の年表人口減少日本でこれから起きること』(河合雅司/講談社/6月13日発売)が、週間売上1.4万部で初の1位を獲得している。