日本テレビの深夜ドラマ枠『シンドラ』第2弾として、『吾輩の部屋である』(毎週月曜 24:59※関東ローカル)が9月18日から放送されることがわかった。漫画雑誌『ゲッサン』(小学館刊)で連載中の田岡りき氏による原作をもとに、主人公で大学院生・鍵山哲郎の1Kの一人暮らし部屋を舞台に、誰にも邪魔されないひとりきりの空間を切り取り描いていていく哲学系部屋コメディー。登場人物は鍵山たった1人という“異色”作品でキャストは後日、発表される。

 部屋の家具・家電製品が鍵山にツッコミを入れる以外は他に誰にも出てこない、ちょっと哲学がすぎる(?)普通の23歳男子の日常。大学のレポートの締切りに心を痛め、バイト先での失敗を苦痛に思い、好きな女の子をデートに誘うかを思い悩み、友人たちとのくだらないやりとりをメールで楽しむ…といった姿が描かれる。スポンジ入れの吸盤が「よく落ちる」ことに関する考察や、部屋のホコリの発生原因についてなどものすごく日常に起こりうる「あるある」な出来事が登場する。

 田岡氏はすでに最終回の構想を練り、あと2回で連載終了のつもりでいたところ、突然実写化の話が舞い込んできたことで続行も決定。「そこからあれよあれよとことが進み、今こんなコメントを書いてるわけですが、僕は慎重な男なので未だに半分ぐらい信じてません。でも僕をドッキリにはめる無意味さを考えるともしかしたら本当にドラマ化するのかもしれません。本当なんですか?」と未だに半信半疑の田岡氏と、担当編集者さえも未だ信じられないよう。

 三上絵里子プロデューサーは「結構本気で、原作の田岡先生にドラマ化アプローチしたつもりではいるんですが…。『本気ですか?』と先生をはじめ、ゲッサン編集部の皆様に言われ、社内でも企画にビックリされていると、キャスティングするのにも役者さんたちに「本気ですか?」と言われそうな気がしてきました」とコメント。

「原作マンガ主人公の『バカだねコイツ』感とツッコミを入れる家具たちの面白さを活かしたドラマにしたいって…。まだ…、大丈夫です。ひよってません。ドラマ化、本当です」と言い切っている。