人気アニメ『ラブライブ!』の高坂穂乃果役などで知られる声優の新田恵海が、8月末をもって所属事務所の「株式会社S」との契約を終了することがわかった。事務所の公式サイトと新田のファンクラブ公式ツイッターで発表された。

 事務所の公式サイトで、代表取締役の佐藤ひろ美氏名義で「8月9日開催の新田恵海 LIVE『Trace of EMUSIC 〜THE HISTORY〜』にて、新田本人からお伝えさせていただきましたとおり、2017年8月末をもちまして、新田と弊社との専属契約が期間満了により終了いたします」と報告。

 新田について「今後も芸能活動を続けていくとのことですので、引き続きご支援いただけますよう、お願いいたします。なお、既にお話をいただいている活動につきましては、弊社が責任を持って新田の活動を支援していく所存です」としている。

 新田のファンクラブ公式ツイッターも「LIVEにて発表しましたが、8月末をもちまして、所属事務所の株式会社Sを離れることになりました。約8年間お世話になり、そしてあたたかく送り出していただき、本当に感謝しています」とツイート。「これからも私らしくがんばっていきます。今後ともどうぞよろしくお願いします」と呼びかけている。

 新田は2010年に声優デビュー。多数の人気アニメのキャラクターを担当し、『ラブライブ!』に登場するアイドルグループ「μ's」のメンバーとして2015年のNHK紅白歌合戦にも出場した。