女優の土屋太鳳が12日、都内で行われたアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台あいさつに登壇した。19世紀末のパリを舞台に、オペラ座のバレリーナを目指す少女・フェリシーの声を担当した土屋は、フェリシーを特訓する元バレリーナ・オデット役を務めた女優・黒木瞳と並び、「完成した(黒木の)声を聞いた時、日本語版に命が吹き込まれたと感動しましたし、きょう初めてご一緒できて素敵すぎて胸がいっぱいです」と瞳を輝かせた。

 そんな土屋に「初めてお会いした気がしない」と、うれしげな黒木。自らの宝塚時代の“特訓”の思い出について「初めて役がついたとき、動きながらせりふを言うため、教室の隅を『ハァ!』だけ言いながら何時間も回った。毎日2時間くらいやったけどすごくいい特訓だった。違和感なく動くことができるんです」と振り返ると、土屋は「ちょうどそれで悩んでいた時だったので、すごく勉強になります!」と目から鱗の様子で感激した。

 まだまだ、黒木リスペクトの止まらない土屋は劇中の内容にちなみ、かなえたい夢を聞かれ「(同作に出演する)夏木マリさんと完成披露でお会いして『カッコイイな』と思ったので、夏木マリさんや黒木瞳さんのように改めて、女性として女優として素敵な大人になりたい」と抱負を掲げた。

 そんな熱い想いに、会場から拍手が巻き起こると、黒木は「思いがあったらきっとかなうから頑張っていただきたい」と母のような笑みを見せていた。