オスカープロモーションが主催する『第15回全日本国民的美少女コンテスト』の本選大会が8日に都内で開催され、応募総数80,150通の中から21名のファイナリストが本選大会に出場。「音楽部門賞」には、圧倒的な歌唱力で魅了した埼玉県出身の小学6年生・藤田桜恵香さん(12歳)が選ばれた。

 『全日本国民的美少女コンテスト』は、「美文化の創造」を目指し、1987年に後藤久美子をイメージキャラクターとして第一回大会を開催。その後、佐藤藍子、米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、河北麻友子など、数多くのスターを発掘。第1回大会から2014年の第14回大会まで、国内コンテスト応募総数No.1(平均応募総数107,069通)を誇る歴史あるオーディション。

 第1回大会から30周年を迎える今年、第15回大会を開催。12歳〜20歳までの女性を対象に、2月3日〜5月2日まで募集。応募総数80,150通の中から第一次書類選考を実施し、1,036名による第二次面接審査を実施。合格者が最終審査へと駒を進め、カメラテストや自己PR VTR撮影などの厳しい審査を経て、21人のファイナリストが本選大会への出場を決めた。本選大会では、審査員や関係者、マスコミなどの多くの観客が見守る中、本選大会ではウォーキング審査、自己PR、歌唱審査、演技審査、質疑応答が実施された。

 ファイナリスト21人中15番目に登場した藤田さんは、「将来の夢は、セレーナ・ゴメスさんのような演技もできる歌手になることです。よろしくお願いします」としっかりとした口調で自己PR。歌唱審査では、デミ・ロヴァートの『ディス・イズ・ミー』を披露。英語歌詞の難しい楽曲にも関わらず、見事な発音と圧倒的な歌唱力を見せ、審査員らを魅了した。司会を務めたテレビ朝日アナウンサー・小松清も「ディーヴァっぷりが凄かったですね」と絶賛。

 演技審査では、第11回大会演技部門賞の宮崎香蓮を相手に、姉妹の設定で「しゃっくりが止まらない妹」という役柄に対して、表情をコロコロと変えて見事に演じきった。質疑応答では、オスカープロモーション所属のモデル・藤田ニコルから「最近ビックリしたことは?」と聞かれ、「最近ビックリしたことは、ファイナリストに残れたことです!」と素直に語った。

 結果発表の際、「音楽部門賞」を受賞した藤田さんに対して、第13回大会グランプリの小澤奈々花が登場し、副賞の目録を贈呈すると、小澤とともに第13回大会グランプリに輝いた吉本実憂も花束を手渡し藤田さんを祝福。。さらに、第8回大会出身の剛力彩芽が襷の授与を行った。

 受賞直後、藤田さんは「ありがとうございます」と感謝の想いを伝え、「まさか音楽部門賞を獲れると思っていなかったので、とてもびっくりしました」と素直な想いを口にした。小6ながら圧倒的な歌唱力と表情豊かな演技力を見せていた藤田さんが、これからどんな成長をとげ、スターとなっていくのか、今後を期待したい。

 そのほか、グランプリには、小学校1年生から習っているというクラシックバレエが特技という京都府出身の中学2年生・井本彩花さん(13歳)が選ばれ、審査員特別賞を宮城県出身の玉田詩織さん(15歳)と千葉県出身の石井薫子さん(12歳)の二人が受賞し、モデル部門賞に滋賀県出身の谷口桃香さん(16歳)、演技部門賞に東京都出身の伊丹彩華さん(12歳)、グラビア賞に兵庫県出身の木下凛里乃さん(17歳)、マルチメディア賞に愛知県出身の竹内美南海さん(14歳)がそれぞれ選ばれた。