俳優の菅田将暉が、14日放送の日本テレビの『ロバート秋山のウソ枠』(深1:15※関東ローカル)でストーリーテラーを務めることがわかった。実はこれ、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次による“ニセ歴史ドキュメンタリー番組”。教科書には載らない偉人の生涯をたどる歴史旅『ニッポンなるほど偉人録』で、現代のテレビ企画の原点ともいえるアイデアを大正時代から次々と生み出していた“テレビの親”大場波之助(秋山)の成し遂げた偉業を大真面目に菅田がナビゲートしていく。

 “テレビ”を初めて思いついたとされる大場波之助は語る。「飯食ってるつう姿を人に見せるってのは有りだろう。ただただ『美味い!美味い』言ったって仕方ないんだよ。そこでよ一つの米食って『甘い』なんて言ってみるんだよ。米が甘いなんてなかなかおかしいだろ。普通の食い物食っても『これは甘い』って言っとくんだよ。そうすると美味そうに感じてるっていう、不思議な言葉も生まれてくるよ」…いわゆる「食リポ」を初めて思いついたのは、大場だったのだ。さらに、「寝起きドッキリ」、「箱の中身はなんだろなゲーム」すべて初めて思いついたのも大場だった…。

 というもちろんすべてウソ、完全なる悪ノリに菅田が便乗。さらにニセ番組には女優・佐藤仁美やモデル・泉里香も巻き込まれ、それぞれ「波之助の妻」「波之助にドッキリを仕掛けられる町娘」として登場する。2人は大場とのまさかの三角関係に発展するなど番組内でのドキュメンタリーも作り込まれたものとなっている。