5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCE(ダイス)の新曲「わるぐち」が、映像配信サービス「dTV」とフジテレビの共同製作ドラマ『花にけだもの』(30日より配信)の主題歌を担当することが明らかになった。

 同ドラマは、杉山美和子氏の同名漫画(小学館「フラワーコミックス」)が原作。女の子に優しくて(=女好き)、強引で男らしいところもあり(=ワイルド)、好きな子の前では素直(=一途)になる、“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く青春ラブストーリー。中村ゆりか、杉野遥亮、松尾太陽(超特急)、甲斐翔真、入山杏奈(AKB48)ら、若手俳優・女優たちが共演する。

 ドラマのために書き下ろされた楽曲「わるぐち」は、4オクターブのハイトーンボイスを持つ、Da-iCEのボーカル・花村想太が自ら作詞を担当。主人公・熊倉久実(中村)と柿木園豹(杉野)をイメージし、愛おしいと想っているのに素直になれず、ついついわるぐちを言ってしまうような男女の愛情の裏返しをテーマにしたラブソングとなっている。今回、初めて単独で作詞を行った花村は「大好きだからこそ素直にほめることができないノロケ楽曲をニヤニヤしながら聴いて下さい」と、コメントを寄せている。