女優の米倉涼子や上戸彩らが所属する大手芸能事務所・オスカープロモーションが、初の男性エンターテインメント集団『男劇団 青山表参道X』を結成し14日、都内でお披露目会見が行われた。メンバーには、同事務所所属の俳優・村上弘明(60)の長男である由歩(ゆうほ・22)も加わった。

 この日の会見で、父の弘明は「見てください、この30人の男たち、30人のオスたち。これがまさに“オスカー”です。我々を含めて、このメンバーでオスカーを背負って立つ気概で頑張ってほしいなと思います。この日を境に、皆さんにはいい旅立ちをしてほしい。全国に、そして全世界にこの劇団が知れ渡ることを願っています」とダジャレを交えながら熱いエールを送った。

 由歩は父との共演の感想を聞かれ「まさか、同じ舞台に立てるとは思っていなかった」としみじみ。「最近、二世の方が(芸能界に)多くいらっしゃるんですけど、あんまり僕は意識せず、お互いに目標としているものが違いますので、ともに上を目指して頑張りたいと思います」と言葉に力を込めた。

 今回の劇団入りにあたって、父から激励を受けたといい「こうして、皆さんの前に見えることになるので、父からは『気を引き締めて、頑張ってこい』と言われました」とにっこり。家庭での父の様子については「テレビの前では硬派なイメージかもしれないですけど、家ではけっこうみんなとすごくしゃべりますし、ふざけるのも大好き。家族では立場の低い方ですね」と笑わせていた。

 メンバーの平均年齢は22.73歳で、平均身長は178.5センチ。今後は、俳優・モデルに限らずに演技・音楽・ダンス・スポーツといったさまざまな分野で輝く可能性を秘めた男性を発掘し、オーディションなどを通して50〜100人と拡大し、12月25日のクリスマスに初のファンイベントを開催、来年6月には舞台公演を行う予定となっている。

 会見にはそのほか、前田美波里、剛力彩芽、岡田結実も駆けつけ、メンバーにエールを送った。

■『男劇団 青山表参道X』メンバー
栗山航(くりやま・わたる リーダー)、塩野瑛久(しおの・あきひさ 副リーダー)、西銘駿(にしめ・しゅん)、飯島寛騎(いいじま・ひろき)、村上由歩(むらかみ・ゆうほ)、小沼将太(おぬま・しょうた)、仲田博喜(なかだ・ひろき)、宇野結也(うの・ゆうや)、定本楓馬(さだもと・ふうま)、水江建太(みずえ・けんた)、中村嘉惟人(なかむら・かいと)、岡宮来夢(おかみや・くるむ)、田中ジョシュア(たなか・じょしゅあ)、池上翔(いけがみ・しょう)、新井裕介(あらい・ゆうすけ)、春口尚人(はるぐち・なおと)、依田啓嗣(よだ・たかし)、西脇大河(にしわき・たいが)、山本学(やまもと・まなぶ)、守谷駿(もりや・しゅん)、長田翔恩(おさだ・しょーん)、明珍隼人(みょうちん・はやと)、立花裕大(たちばな・ゆうた)、沢柳健(さわやなぎ・けん)、湯本健一(ゆもと・けんいち)、佐々木駿(ささき・はやて)、土居秀士(どい・しゅうじ)、沖津海友(おきつ・みゆ)、辻憲人(つじ・けんと)、岩田知樹(いわた・ともき)