映画『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)に主演する俳優の大泉洋(44)、ヒロイン役の北川景子(31)が15日、東京ミッドタウンで行われた『ミッドタウン・クリスマ 2017』クリスマスイルミネーション点灯式に出席した。

 北川演じるヒロイン・マリとのシーンを振り返った大泉は「北川さんが演じているので恐ろしく魅力的。ハニートラップを仕掛けられて、探偵(大泉)はそれにあっさりのりますが…やっぱりハニートラップに憧れはありますね」と告白。「仕掛けられたら、あらがうすべはないですね、僕なんかは。そりゃそうなるでしょっていう話です。危険な女ですよ」と続けて笑わせた。

 シリーズ恒例となっている、大泉が拷問される場面については「私がひどい目にあっているのを見るのが好きな人がいるらしい。できればやめてもらいたいけれど、必ず入っている。プロデューサーと脚本家なのかな? 本当は俺のことが嫌いなのかな?」とぼやきつつ、「疲れて帰ってきて、大泉洋がひどい目にあっているのを見るとすかっとするんじゃない」と分析した。

 メインイルミネーション「スターライトガーデン」は、東京ミッドタウン開業10周年を記念して、月、太陽、土星など太陽系のさまざまな惑星をイメージし、曜日ごとに異なる演出を行う。

 目前に広がったイルミネーションに感動していた大泉は、「北川さんと結婚したみたいですね」と華やかな演出に感動し、「毎年(点灯)したいです。ダメなんですか?」とお願い。北川も「ロマンチックですね」と目を輝かせていた。きょうから12月25日まで開催。