女優の松岡茉優が23日、都内で行われた初主演映画『勝手にふるえてろ』の初日舞台あいさつに出席した。

 映画のタイトルにちなみ“最近ふるえたこと”を聞かれ「石坂浩二さん加賀まりこさんにいただいた言葉」と書いた回答。「お二人がじーっと私を見て『茉優ちゃんはどういう女優になっていくんだろうね』というお話をしてくださって、それだけでもふるえてたんですけど『茉優ちゃんはそのままでいきなさい。そのままでいいよ』、と言ってくださったんです」と明かし、「なるべく自分を信じて、自分がこうだと思う道も進んでいいのかなと思えた、心が軽くなった瞬間でした」と語った。

 さらに“初主演”について「何年かして、もっともっと人としても女優としてもすてきな人になった時に『そういえば、あいつの初主演映画の初日に行ったんだよ』と自慢していただけるような女優さんになれるように頑張っていこうと思います」と目を輝かせていた。

 同作は、24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカ(松岡)が、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画する…というストーリー。渡辺大知(黒猫チェルシー)、北村匠海(DISH//)らが共演する。

 舞台あいさつにはそのほか、渡辺、北村、石橋杏奈、大九明子監督が出席した。