テレビ東京系『にちようチャップリン』で24日、お笑い王決定戦2017グランドチャンピオン大会が放送され、マルセイユが優勝。結成5年目で、出場芸人総勢42組の頂点に立ち、賞金300万円を千円札で受け取った。準優勝はネルソンズだった。

 内村光良(ウッチャンナンチャン)がMCを務め、土田晃之、千鳥、ハリセンボンらレギュラー陣と、旬の芸人たちが集合して、笑いをとことん追究し、さまざまなくくりのお笑いのネタ祭りを放送している同番組。

 10月29日放送回からは、「お笑い王決定戦2017」と題した、9週連続、総勢42組によるネタバトルを放送してきた。毎週6組が登場し、各週チャンピオンを決定。1〜7週目までに決定した週チャンピオン7組と、8週目で放送した敗者復活戦を勝ち上がった1組の計8組で、頂上決戦であるグランドチャンピオン大会を開催。

 スタジオの観客194人(各1点)と、特別審査員の井戸田潤(スピードワゴン)、田中卓志(アンガールズ)、ゲストの3人(各2点)の合わせて200点満点による審査を経て、187点を獲得したマルセイユが優勝。準優勝のネルソンズは182点だった。優勝決定後のマルセイユのコメントは以下のとおり。

――優勝して涙ぐまれていました
【津田】相方にも言ってませんでしたが、僕はこれが獲れなかったたら(芸人)を辞めるくらいのつもりだったので。
【別府】舞台上のあの顔はまじですね。
【津田】なんとか!という感じです。

――大阪からグランドチャンピオン大会に勝ち上がったのは1組。アウェーでしたか?
【津田】楽屋にいづらかったですね。
【別府】だからずっと2人でしゃべってましたね。

――ネタ中の手ごたえは
【別府】力まずやらないと、と自分の中で思っていました。シミュレーションはできていたので。ここでウケるかな、ここで拍手くるかな、と。
【津田】結構、改良に改良を重ねて、こういう感じちゃうかな?と。大阪での劇場出番で事前にネタかけさせていただいたり、先輩に動画見ていただいたりして、こうしたほうがいいんじゃないか、というアドバイスももらって。ネタには自信あったのですが、あとはハマるかハマらんかやな、という感じでした。
【別府】先輩にも感謝ですね。
【津田】お前はなんもしとてないやろ!(笑) 俺が全部先輩に相談してたやん。

――今後の仕事について
【2人で】暇です! スケジュール空いていますから、ぜひ呼んでいただきたいです! よろしくお願いいたします!

■グランドチャンピオン大会出場者
1週目チャンピオン:ジェラードン(10月29日OA)
2週目チャンピオン:超新塾(11月5日OA)
3週目チャンピオン:しゃもじ(11月12日OA)
4週目チャンピオン:ラフレクラン(11月19日OA)
5週目チャンピオン:アイデンティティ(11月26日OA)
6週目チャンピオン:うしろシティ(12月3日OA)
7週目チャンピオン:マルセイユ(12月10日OA)
8週目敗者復活戦:ネルソンズ(12月17日OA)
9週目グランドチャンピオン大会優勝:マルセイユ(12月24日OA)