JAにしうわ西宇和農業協同組が、西宇和地区産の温州みかんの美味しさを詰め込んだデザートコースとカフェ・カンパニーの人気店舗で提供されるスペシャルスイーツを発表。今、注目のレストラン『Kabi』(東京都目黒区)でペーストリーシェフを務める中村樹里子さんがメニュー開発を担当している。

 「西宇和みかん」は、愛媛県の八幡浜市、伊方町、西予市三瓶町の2市1町にまたがるエリアで生産されたみかんの総称。西宇和地区産の温州みかんのブランドを統一化し、2018年11月から品質を保証する“Nマーク”を表示した出荷がスタートした。そんな西宇和みかんを使ったデザートコースとスペシャルスイーツは、デザートの世界で常に新しい取り組みを行う注目のパティシエ・中村樹里子さんが手掛けている。そのまま食べることがほとんどであるみかんの新しい食べ方、味わい方を提案する。

 「西宇和みかん」を最大限に味わえるデザートコースは、11月29日から『Kabi』にて期間限定で提供。『Kabi』で味わえるデザートコース(¥4,500 ※以降、全て税抜価格)は、西宇和みかんだけで構成された6品のデザートが楽しめるコース。ローストや発酵など6つの加工法で仕立てられ、これまでに味わったことのないみかんを楽しむことができる。また、アルコールドリンクとのペアリング(¥4,000)、ノンアルコールドリンクとのペアリング(¥3,000)で、各品と相性がいいドリンクも一緒に堪能できる。

 「みかんをテーマにメニュー開発したのは今回が初めて。素朴で、そのまま食べても美味しいフルーツなので、難しいこともありましたが、勉強になりとても面白かったです。皮と中身の部分をそれぞれ色々な方法で加工し、違う印象で食べてもらえるように工夫しました。飽きないコースに仕上がっています」(中村さん)

 その他、カフェ・カンパニー店舗で展開される西宇和みかんスペシャルスイーツは、12月10日から期間限定で提供。『WIRED TOKYO 1999 渋谷店』(東京都渋谷区)では、「西宇和みかんのデニッシュフレンチトースト」(¥1,280)を。『フタバフルーツパーラー銀座本店』(東京都中央区)では「西宇和みかんとみかん蜂蜜のフレンチトースト」(¥2,180)。『発酵居酒屋5』(東京都港区)では、「発酵西宇和みかんレモンサワー」(¥800)と「甘酒ヨーグルトブランマンジェ–発酵西宇和みかんジュレ」(¥600)の2品を。

 スペシャルスイーツのメニュー開発について中村さんは「提供する場所が違うので、それぞれのお店のテーマに沿ったメニューを開発しました。お店のある街のお客さんをイメージし、渋谷はポップに、銀座はシックで大人なイメージに仕上げました」と、それぞれの開発に込めた思いを語った。

 リッチな気分が楽しめるデザートコースと、カジュアルに楽しめる各店舗のスペシャルスイーツで、新たなみかんの魅力を味わってみては。