俳優の松重豊(56)と女優の北川景子(33)が10日、都内で行われた映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(10月4日公開)の完成披露上映会に登壇。今作で北川と夫婦を演じる松重は、撮影現場に北川の“本当の夫”DAIGO(41)が差し入れを持ってきたことを明かし「本当に素敵なご主人でした」とするも「その時は炎がメラメラと燃え上がってきました」と夫役としての意地があったことを語った。

 原作は、作家・ヒキタクニオ氏の体験をもとに書き上げた同名のエッセイ。一般的には馴じみの薄い“男性不妊”を真正面から描きながら、ヒキタ氏のユーモアあふれる語り口で展開される。49歳の人気作家、ヒキタクニオ(松重)と一回り年の離れた妻・サチ(北川)は、子どもは作らず気ままに楽しい夫婦生活を送るつもりでいた。そんな中「ヒキタさんの子どもに会いたい」というサチの言葉で、クニオは妊活に取り組んでいく。

 松重はDAIGOが訪れたとき「微妙な三角関係でした」と笑い「でもいっぱい話をすることができたので、(燃え上がった気持ちが)作品に反映されていればと思います」と有意義な時間であったと話した。北川は「本当の(夫)と役の(夫)がいて。その節はどうもすみませんでした」と松重にお礼を伝えた。

 続けて、松重は「僕の女房は同い年なんで想像するしかなかった」と北川の夫役への入り方が難しかったことを話すも「でも、北川さんのような年下の女性に怒られたい願望が自分の中にあるんだなと。怒られて気持ちいいし、彼女が心折れたときには抱きしめたくなる」と自分の新たな一面が見えたことを明かした。

 さらに、スタッフも北川演じるサチにメロメロになっていたものの、北川のクランクアップが松重より1日早かったことで「調和のとれた撮影クルーだったんですけど、北川さんがいない日の朝一に怒鳴り声が聞こえて。現場では“サチロス”と呼ばれてました。私も同じ気持ちでした」と現場でも北川の存在の大きかったことを語っていた。

 この日は、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督も出席した。