俳優の小手伸也が11月24日放送のフジテレビ開局60周年記念 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』(後8:00)で20年後の穴子さん(47)を演じることがわかった。小手は「正直、『僕が穴子さんをやっていいんですか!?』と驚きを禁じ得ませんでした。顔も長くないし唇も分厚くないし(笑)」としつつも「 ただ20年後という発想にあやかり、“可能性の1つ”として演じさせてもらいました」とオファーを受けた理由を明かした。

 今年10月にアニメ放送50周年を迎えた『サザエさん』の一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで送る同ドラマ。サザエさん(天海祐希)の夫・マスオ(西島秀俊)の同期入社で20年後も変わらず海山商事で営業に勤しむ穴子。なんと言ってもアニメでは、27歳とは思えない“老け顔”が印象的だが、20年経って逆に年齢よりも少し若く見られるようになった。

 マスオとともに出世をするも、部下である新入社員たちが、いわゆる“ゆとり世代”で、コンプライアンスにうるさい時代にもなり、強いことも言えず、逆に新入社員に気を遣う日々を送っている。そんな穴子の気晴らしと言えば、20年前と変わらず、公私ともに仲の良いマスオとの“帰りに一杯”。仕事の愚痴などを言い合いながら、一杯ですむわけもなく、夜は更けていく…。

 穴子さんを演じる上で小手は「原作・アニメに対するリスペクトはどうしても反映したく、僕にとっての穴子さんの声はやはり、若本規夫さんだったりするので、『声はそんなに歳をとらない』というイメージのもと、若干“寄せて”ます。モノマネやコスプレにならないようにしようというのが鈴木監督の演出方針だったので、“今のは寄せ過ぎ(笑)”なんてダメ出しもいただきましたが、そうした確固たるイメージがある役を、リアリティとともに作り出す作業はとても刺激的でした!」と手応えをみせている。

 小手に穴子さん役のオファーをした渡辺恒也プロデューサーは「マスオさんの良き同僚であり、時にはずる賢いとも言える処世術を指南してくれる“相棒”でもある穴子さんのキャラクターを、稀代の名バイプレーヤーである小手さんに演じていただいたらどうなるか、その化学反応が見たくなりました」と起用理由を説明している。