4日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)1号で、新連載『死神サイ殺ゲーム』(原作:門馬司 漫画:大前貴史)がスタートした。

 同作は、高校3年生の主人公・神沢正心が、妹・萌香の部屋で見つけた“運命のサイコロ”がきっかけで、封印されていた死神・バッチにとり憑かれてしまう。常軌を逸する死神たちの賭場・「夜会」へと足を踏み入れることになり、そこで賭けるは己の“命”で、生き残るために、願いを叶えるために賽を振るストーリー。

 第1話は68ページのボリュームで掲載されている。