俳優の中川大志(21)が25日、都内で行なわれたBS-TBS開局20周年記念ドラマ『左手一本のシュート』(3月14日、後9:00)記者発表会に出席。中学時代の部活動以来、バスケットボールに本格的に挑戦する中川は「久々にボールを持って、まず体の衰えに落ち込むところから始まりました」と苦笑いを浮かべた。

 物語の主人公は、2007年4月、高校の入学式を目前に脳出血で倒れた山梨県日川高校バスケットボール部の田中正幸さん。命は助かったものの、右半身麻痺(まひ)で選手としての復帰は絶望的に。高校には1年遅れで入学し「再び試合のコートに立つ」という夢に向かってリハビリを続ける。そして最後のインターハイ予選で新聞記事にもなった“左手一本のシュート”の実話を、中川を主演に描く。

 中川は「運動はしていたんですけど、すごい運動量。体に障害が出てからのバスケットシーンもあるので、左手を使っての練習もしています。左手でのシュートは初めてのチャレンジなので一生懸命練習を重ねているところです」と必死に挑戦している段階。

 さらに「12月から少しずつ練習をしているので、バスケシーンはかっこよくできるようにしたい。朝9時に集合して走っているので朝練ですよね。でも、みんなとやっているので“青春”していると感じます。そういう時間も映像に出てくると思っています」とつらくとも楽しい撮影期間であると語った。

 田中さんや当時通っていた病院の先生たちからも話を聞いたという中川。特に田中さんがシュートを決めた場面については「映像も残っていまして、何回見ても胸が熱くなる」といい「正幸さんが左手でシュートを決める。それはすごいことで鳥肌が立ちました。何にぐっと来たのかを考えたとき、周りのチームメイトだったり家族の喜ぶ姿、本人よりも周囲が喜んでいることが、このドラマで大事なことだと思っています。正幸さんの人柄や、どういう関係があったからここまで来られたのか、最後のシュートが決まる瞬間に向けて熱いシーンにできれば」と意気込んでいた。