VR動画配信サービス・PICMO VRにて、グラビアアイドルの忍野さらが、VR作品『タレント忍野さらと付き合ってる一般人男性の僕のプライベート、そういう世界 。』『ふたりだけの初旅行では恥ずかしながらも一緒のお風呂と一緒の寝室の忍野さら、そんな世界。』の2作の見放題配信をスタートした。VR撮影に初挑戦した感想や、お気に入りのシーンや衣装、さらにプライベートとのギャップ、自身が芸能界に飛び込んだ時の気持ちについてまで、詳しく話を聞いた。

■忍野さらインタビュー

――VRの撮影は今回が初挑戦。撮影を体験してみていかがでしたか?

「最初はちょっと戸惑いました。シチュエーションだけで台本が無く、15分ワンカットで自分の言葉だけで動くことができるのかなぁって。あまりアドリブが得意じゃないので心配だったんですけど、リアルさ、ナチュラルさの魅力を出していきたいからって…」

――どうやって乗り越えたんですか?

「この作品には“忍野さら”として出ているので、本当に素の私が恋人だったら、こういうことを喋るかな〜っとか、そういうことをたくさん妄想しました(笑)。むしろあまり考えずに、思ったことをそのままやっちゃうぐらいのノリでした。VRだと目の前にいる感覚が強いから、ずっと喋り続けていても逆にヘンなので、ナチュラルな空気感を大事にしました。最初は戸惑いましたけど、“あ〜楽しかった!”っていう感じで終わりました」

――彼氏と部屋に一緒にいるシチュエーションのVR撮影はいかがでしたか?

「クラシックバレエを12年間習っていて体が柔らかいので、これまでもイメージビデオの撮影でストレッチのシーンは多かったんです。でも360度のVRで開脚をするとか、何も隠せないじゃないですか!? 上からも下からも横からも全部見えちゃう!って感じで、こんな大胆なことをしても大丈夫なの〜?って。私的には“見ないで〜!”っていうぐらい恥ずかしかったりもするんですけど(笑)、でもファンの方は喜んでくださるんじゃないかなって思っています!」

――VRのカメラは固定で、その前で自由に演じるわけですよね。

「前後の動きは迫力に繋がるので大事にしました。横の動きは画面から切れちゃうという制限があるので、最初にその範囲を把握しつつ…。カメラの横に手を伸ばすと、耳に手を触れているような感じになるというテクニックも学んだりして」

――こちらの作品でのお気に入りの衣装は?

「最初に衣装を選んだんですが、私が実際に着ている部屋着により近いペラッとしたネグリジェを選んだんです。最後は仕事から帰って来るっていうシーンなんですが、ワンピースもジャケットも帽子も、本当にその日現場に着て行った私服のままで出ましたね。本当にプライベートのぞき見みたいな感じです」

――もう一作品は旅先のシチュエーションですね。

「こちらは旅行で一日遊んで、宿に帰ってきました、というシーンから始まって…。一緒にお風呂に入って私が洗ってあげたり、浴衣に着替えて一緒に晩酌をして…最後は寝落ちしちゃう…みたいな感じです(笑)」

――こちらのおすすめのシーンは?

「お風呂で洗ってあげるシーンは、疑似体験の感覚がすごくリアルなんじゃないかなって思います。衣装もヌーディーな色の水着なので、ここは一番セクシーなのかなって思います」

――ご自身がお気に入りのシーンは?

「浴衣で晩酌のシーンは、本当に日本酒をガッツリ飲んでます(笑)。このシーンが最後の撮影で“本当に飲んでいいよ”って言われて。一日撮影を頑張った後だったので、“よっしゃー!”って。本当にウキウキしながら飲んでると思います(笑)。お風呂に入るシーンのあとで、浴衣のシーンで寝落ちして撮影が終わるっていう、なんか本当に旅館に行ったみたいな錯覚に陥っちゃいました」

――そんなリアルさが魅力なんですが、本当に素が出ちゃったシーンはありますか?

「本当は家では動かないんですよね〜。仕事を終えて帰ってくると、本当にスライムみたいになってるんですよ〜。オンとオフの差が激しくて、家に友達が遊びにきていると、喋ることすらめんどくさくなったりします。友達に“さら〜”って呼ばれたりしても、“だ?”とか一文字で返したり。“なに〜っ?”って返すのもめんどくさいというか。でもこの作品では好きな人といる設定なので、やっぱりちょっと気合入ってますね(笑)。それはまた別の意味でリアルかな。友だちといるときは全然違うんですけど、それはそれでVRにしたら面白いかもしれないですね(笑)」

――VR2作品の見どころをアピールしてもらえますか?

「私としては恥ずかしくて“やめて!”っていうぐらいに、私のいろんな部分が見えると思います。好きな人といるときの表情とか、脱力しているところとか、肌感とか…。イケナイ気持ちになっちゃうぐらいドキッとするので、私は自分の作品は恥ずかしくて見られないんですけど、私の代わりにファンの方に観ていただいて、ドキッとしていただけたらなって思います」

――実は、「デビュー」に忍野さんが所属する事務所の新人募集が掲載されているのですが、忍野さんが事務所に応募した当時のことを教えてもらえますか?

「私は、最初はレースクイーンになりたいという軽い気持ちで応募したんです。ウチの事務所が芸能事務所ってことも知らなくて、とりあえずここに写真を送ればレースクイーンになれるんだって、そのぐらいのノリだったんです。実家の台所で、ゴミ箱なんかも写ってるなかで、カメラを床に置いて写メ撮って応募しましたね」

――でもそこから自身の作品を多数リリースする人気タレントに。

「私も些細な行動で人生が変わったので、すこしでもいいなと思うなら、やってみてほしいなって思います。『チャンスは自分で作れる』って私は信じているので、大変なことも多いけど、一歩踏み出してほしいなって思います。今こんなに応援してくださるファンの方がいるなんて、思い出すと本当にビックリですよ。応募した当時はグラビアをやるなんて思ってなかったですし、その後にテレビに出させていただけるとか、雑誌の表紙を飾れるなんて、まったく考えていませんでした。そういうチャンスに、フットワーク軽く乗っかれるということは大事かな、と思います!」

■忍野さら
1995年6月3日生まれ、東京都出身
身長164cm B92・W58・H86
特技:クラシックバレエ・書道
趣味:アニメ鑑賞・音ゲー

■ファンタスティカ「極」シリーズ、PICMO VRで2作品同時見放題配信スタート
https://www.picmo.jp/

◆『タレント忍野さらと付き合ってる一般人男性の僕のプライベート、そういう世界』

一般人である自分がタレント忍野さらと付き合っているという誰もが羨み憧れる夢の様なシチュエーションをVRで叶える!画面の向こう側に居るカノジョはふたりで寄り添って居る時のカノジョとはやはりどこか違って見える。僕だけしか知らない僕だけのカノジョ。https://www.picmo.jp/video/show/1768

◆『ふたりだけの初旅行では恥ずかしながらも一緒のお風呂と一緒の寝室の忍野さら、そんな世界。』

誰もがうらやむ有名グラドルと人目を忍んでぶらり旅。一緒にお風呂を楽しんだ後は湯あがりの至福のひと時をあなたと。
https://www.picmo.jp/video/show/1688