アイドルグループ・HKT48の田中美久が、8日発売のアイドル誌『BOMB』6月号(ワン・パブリッシング)の表紙に登場。大自然の中で撮影されたグラビアでは、大人っぽいタイトな黒いワンピースなどをまとい、健康的なフレッシュBODYを披露した。

 同誌の単独表紙3度目となる今回のグラビアで、美しい渓流に映えるオレンジのキャミワンピでは、健康的な素足が川の水を弾く。ノスタルジックな古民家では淡いブルーのキャミタンクに短パンで素肌感いっぱいの叙情的なワンシーンを表現。そして青空の下、タイトニットとスカートで楽し気にピザを焼くなど、大自然を満喫した。

 いつもとは違った表情が詰まったグラビアのほか、インタビューも掲載。HKT48最新シングル「君とどこかへ行きたい」の「つばめ選抜」センターとしての心境やミュージックビデオの見どころ、そして10周年を迎えるグループへの思いも語った。

 同号にはそのほかにもHKT48メンバーが登場。福岡出身の4期生・小田彩加と豊永阿紀の2人は、初の水着グラビア共演で同号の裏表紙を飾った。さらにボム通巻500号カウントダウン企画として48グループメンバーの初水着連載がスタート。1回目の初水着は、HKT48の武田智加が18歳のもぎたてフレッシュビキニを解禁した。

 また、松田好花・高瀬愛奈・宮田愛萌(日向坂46)、小田えりな・安田叶・山田杏華(AKB48)、都丸紗也華、猪子れいあなどが登場。付録の両面ビッグポスター2枚で、1枚は両面とも田中、もう1枚は1面が小田&豊永でもう1面は武田。