女優の清原果耶(19)が主演を務める、2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』が、5月17日からスタートする。『あさが来た』(2015年)、『なつぞら』(19年)に続き、朝ドラ3作目でつかんだヒロイン役。放送開始を前に、大役を担う思い、撮影現場でのエピソードを語ってくれた。

 清原が演じるのは、宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた永浦百音(ながうら・ももね)。2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、内陸の登米市へ移り住むことに。そして、東京から来た人気気象予報士との出会いを経て、合格率5%の気象予報士の資格をとろうと猛勉強を始める。ついに難関を突破した百音は、失敗と成功を繰り返し成長していく。そして2019年、気象予報士として一人前となり、これまでに得た知識と技術をいかし故郷の役に立てないかと考え、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をする。

 清原は「私にとって、お芝居の原点が『あさが来た』です。『なつぞら』にも出演させていただき、もう一度(朝ドラに)帰って来られたときもうれしかったです。そして今回、ヒロインとして参加できることもうれしかったですし、マネージャーさんや家族もすごく喜んで、応援してくれたので、やってきてよかったなと思いました」と周囲の反響の大きさを実感。

気象予報士を演じる上で役作りについては「もともと天気は気にする方ですが、天気予報を注意深く見るようになったり、気象予報士試験を受ける方が読む本や天気の仕組みがわかる本を読んだりしていますが…難しいです(笑)」と合格率5%の難しさを体感した。そして「天気を人に説明する気象予報士さんのお仕事に敬意を払いたくなりました」とテレビなどで活躍する気象予報士のすごさを肌で感じた。

 共演陣は、百音の父を内野聖陽、母を鈴木京香、妹を蒔田彩珠、祖父を藤竜也。そして、語りと祖母を竹下景子が演じる。同級生役には永瀬廉や恒松祐里、登米の人々には夏木マリ、坂口健太郎、百音を気象予報の世界に導くキャスターを西島秀俊が演じるなど豪華キャストが集結した。

 家族陣のキャストは「すごい人たちが集まってくださいました…」と清原自身も驚きのキャスティング。「一緒にお芝居できることが楽しみでしかなかったです。父ちゃんは繊細なキャラクターですが、一緒に悩んでくれる。内野さんも現場で『大丈夫?』と言ってくれたり優しくしていただいています」。

 「お母さんもきれいだなとびっくりしました(笑)。周りを見てくださり、お菓子をくれて気を使ってくださったり、優しく美しい。すごく絵になりますし、こういうお父さん・お母さんはかっこいいです」と憧れの存在にもなっている。

 妹役の蒔田とは「ずっと会いたいと思っていました。これまで2回ご一緒させていただいていますが、そのときはあまり話せるような役どころではなくて。今回は仲良くしたいと思っていましたし、『果耶ちゃん』と言ってくれてこういう妹がいたらかわいいなと思います」と良い距離感で姉妹を作り上げている。

 祖父役の藤は「ジャンパーにデニム姿がめちゃくちゃかっこいいんです。口調も優しく、いろんなお話をしてくださるので楽しく撮影できています」と家族間の連携はピッタリだ。

 そのほかの撮影も「和気あいあいで、キャストのみなさんが仲良しで毎日楽しいです」と笑顔。「坂口さんはムードメーカーでもあり、スタッフもキャストもメロメロになっています(笑)。同級生たちとは他愛のないことを話しています。永瀬くんと前田航基くんがずっと話してますね」と和やかな現場の様子を明かす。

 また、資産家で登米にやってきた百音を下宿させる山主・新田サヤカを演じる夏木とは「ご一緒できることが楽しみでした」といい「お姉さまというか、ものすごくどっしり構えて、私のことも百音のことも受け入れてくれて。『こういうご時世じゃなきゃお弁当を作ってきたのに!』と言ってくださって、感動しました」と夏木の優しさを感じた。

 気仙沼の方言は「最初よりは慣れましたが、難しいです」とまだまだ努力する部分もある。「演じていて、物語が本当に色鮮やかです。ぜひ、『おかえりモネ』で皆さんの毎朝を彩ることができれば良いなと思っていますので、これからも撮影を頑張ります!」と意気込むと同時に、朝ドラを楽しみに待つファンにメッセージを送った。