テレビ朝日系音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:00)の13日放送回で5人組バンド・東京事変が大特集される。

 スタジオには、東京事変のメンバーにそっくりな“謎の5人”が登場。ふだんは関ジャニ∞の村上信五がいるMC席には、椎名林檎に瓜二つな謎の女性が…。異色中の異色回が幕を開ける。

 東京事変の魅力を語る“語り部”として、King Gnuの常田大希&勢喜遊が番組初登場。丸山隆平(関ジャニ∞)、音楽プロデューサー・本間昭光氏、ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)と共に、東京事変愛をプロ目線で語り尽くす。

 語り部たちは「これぞ東京事変!」という曲をセレクトして解説するほか、「東京事変メンバーのここにシビれた!」と題し、椎名林檎(Vo)、亀田誠治(Ba)、浮雲(Gt)、刄田綴色(Dr)、伊澤一葉(Key)それぞれの持ち味を細かく分析する。

 さらには、東京事変の楽曲や歌詞作り、アルバム制作のこだわり、ライブの演奏と音源のミックスのバランスの違いなど、プロならではの疑問を切り口に徹底的に解体し、音楽面のみならず、プライベートにまでおよぶマル秘エピソードが続々と明らかに。丸山のベーシストとしての鋭い分析にも注目だ。

 King Gnuの2人にもテレビで音楽の話を聞ける稀有な機会ともなり、東京事変とKing Gnuの共通点や相違点、東京事変から受けた影響、自身のアルバム制作でのこだわりなどを本人たちに直撃する。