全世界が熱狂するサバイバル・ヒューマン・ドラマの最新にして最終シーズンとなる『ウォーキング・デッド』シーズン11が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で10月27日より日本最速で独占配信されることが発表された。同日より新たに提供開始となるコンテンツブランド「スター」の超目玉作品として、最新シーズンだけでなく、シーズン1〜10も同時に一挙配信。全シーズンを見放題で楽しめるのはディズニープラスのスターのみとなる。

 2010年のシリーズ開始以来、アメリカで異例の高視聴率を獲得し、全世界から注目を集め、日本でも絶大な人気を誇る『ウォーキング・デッド』。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していくサバイバル・ヒューマン・ドラマだ。極限に追い込まれた人間の心理を見事に描いた心揺さぶるストーリーは、世界中の人々を魅了。シーズン11はPart1〜Part3の3部構成の全24話で制作され、物語の終結に向け、ついにカウントダウンが始まる。

 シーズン11では、マギー(ローレン・コーハン)と因縁があり、シリーズ最強ともいわれる凶悪な集団“リーパーズ”(収穫者)が再び登場し、史上最大の戦いが描かれる。「教祖の指名だ!」といい、ダリル(ノーマン・リーダス)ら生存者に襲いかかる“リーパーズ”の目的、そして正体とは? 突如として現れ、何もかも刈り尽くそうとする強大な敵に、マギーとダリルはどのように対峙していくのか。そして、ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)との再会を果たしたマギーは、それぞれが交錯する思いを胸に、ともに困難なミッションに挑んでいく。

 一方、前シーズンの終盤で、突然白い装甲服の集団に包囲されたユージーン(ジョシュ・マクダーミット)たち。この兵士たちは一体何者なのか? 新しく登場するというコミュニティー“コモンウェルス”との関係も明かされる。

 映画『ターミネーター』や『エイリアン』で有名な制作総指揮のゲイル・アン・ハードを筆頭に、強力な制作陣が集結した本作は、映画さながらの劇的なストーリーとハイレベルな映像クオリティーで視聴者を魅了。企画は映画『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』の監督フランク・ダラボン、また、コミック原作者の人気作家ロバート・カークマンは、脚本や制作にも参加し、原作の別バージョンとも呼べるようなドラマならではのストーリーを紡ぎ出している。