一般財団法人東京マラソン財団は17日、10月17日に予定していた『東京マラソン2021』を来年の3月6日に延期すると発表。新型コロナウイルスの感染状況などを踏まえての決定となり、延期の影響で『東京マラソン2022』は中止される。

 同財団は「東京マラソン2021は、大会開催1カ月前においても、東京都が緊急事態宣言発令下にあること、また、大会当日における新型コロナウイルス感染症の状況や様々な行動制限の状況が予測できないことから、東京マラソン2021の10月17日(日)の開催は見送り、2022年3月6日(日)に延期することといたしました」と発表。

 あわせて、関連イベント(東京マラソンEXPO 2021・東京マラソンフレンドシップラン2021・東京マラソンファミリーラン2021)についても、3月開催に向けて準備を行っていくとした。また、「今回の決定に伴い、2022年3月6日(日)に開催予定であった東京マラソン2022については、開催を断念することとし、東京マラソン2020から東京マラソン2022に権利移行されている皆様におかれましては、後日、出走大会の意向確認を実施いたします」と今後の対応について説明している。