新進女優と次世代監督がタッグを組み、「不器用に、でも一生懸命“今”を生きるヒロインたち」をそれぞれの視点で映画化するプロジェクト、“(NOT) HEROINE MOVIES”=ノット・ヒロイン・ムービーズの第一弾公開作品として制作された映画『わたし達はおとな』が、来年6月10日に公開される。

 主演を務めるのは、瀨々敬久監督の『菊とギロチン』(2018年)で映画初主演を果たし、同年の『鈴木家の嘘』(野尻克巳監督)でもヒロインに抜てきされ、「第40回ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞や「第92回キネマ旬報ベスト・テン」新人女優賞など、その年の多くの映画賞を受賞した木竜麻生。

 共演は、映画『his』(20年/今泉力哉監督)や『佐々木、イン、マイマイン』(20年/内山拓也監督)、『くれなずめ』(21年/松居大悟監督)などに出演した藤原季節。木竜と藤原は初共演となる。

 物語の主人公は、大学でデザインの勉強をしている優実。ある日、自分が妊娠していることに気づく。知り合いの演劇サークルのチラシを作ったことがきっかけで出会った直哉という恋人がいるが、お腹の子の父親が彼という自信をもてないでいた。悩む優実。一方、直哉は現実を受け入れようとすればするほど優実への想いや考えがすれ違っていく…。

 恋人との衝突、元カノの存在、成りゆきのセックス、大学仲間との何気ない会話など――もろく崩れやすい日常、“少女”から“女性”になる過程、甘く切ない恋のほろ苦さや歯がゆさ、そして自分の中に押し込めるしかない葛藤を描いた、心に突き刺さる等身大の恋愛映画。

 監督は、18年『平成物語』(フジテレビ)でドラマの脚本を初めて手掛け、その後、『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(18年/日本テレビ)で初の連続ドラマの脚本を担当し、『俺のスカート、どこ行った?』(19年/日本テレビ)、『死にたい夜にかぎって』(20年/MBS)、『きれいのくに』(21年/NHK)などのテレビドラマの脚本を担当してきた加藤拓也監督。今作がオリジナル脚本による初めての長編映画となる。

 制作は、『勝手にふるえてろ』(17年/大九明子監督)、『寝ても覚めても』(18年/濱口竜介監督)、『愛がなんだ』(19年/今泉力哉監督)、『本気のしるし』(20年/深田晃司監督)を手掛けてきたメ〜テレと制作会社ダブ。

■加藤拓也監督のコメント
 演劇と映画は全く違いますし、自分が演劇で良しとしているものがどうすれば映像の中でもできるのかまだわかっちゃいませんが、今回は普段から一緒に演劇をやっている人達と稽古(けいこ)をして稽古をして、リテイクをしてやり込んだ結果の生感というもの、だからつまりライブ感ですよね。生イコール演劇ではございませんが、私達を通じて私達を見つめる、とにかく生活がそこにあると思える生活の映画が出来上がったのではないかと思っております。私達の生活を非日常で俯瞰して体験する、そんなことがテーマの映画です。一口にラブストーリーと言われてしまえばそれまでなのですが繰り返し言わせていただきますとこれは生活の映画なのです。ドキュメンタリーじゃないですよ。アドリブもないですよ。映画だから。

■木竜麻生のコメント
 「"生活"や"暮らし"がそこにある」
 「表と裏だけじゃなくて、もっといくつも面があるんだと思う」
 加藤監督が言っていた言葉を心に書き留めて、相手と役と自分と向き合ってみた。ある時、たくさんの人に守られているような初めての感覚の中で、見たことのない顔をした自分がいた気がしました。あのアパートや道端、そしてそこのカフェ。あらゆるところにこの映画の中の人達がいるんじゃないか....そんな気がしています。

■藤原季節のコメント
 加藤拓也監督の書いた物語にこれまで多く参加してきたが、その度に文字通りボロボロになった。彼の脚本や芝居は、基本は技術的な積み重ねの上に成り立っているが、最後には激しくエモーショナルな部分で戦うことを自然に求められる。それでいつもボロボロになるわけだが、『わたし達はおとな』ではそのボロボロ具合がいつもとは比にならなかった。木竜麻生さん演じる優実と一緒に、傷つけ合ったり笑ったりしながら、この物語を駆け抜けた。優実がそこに存在していたということは、僕の癒えない心の傷がずっと証明している。