ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanが、10月1日発売の英文情報雑誌『Eye-Ai』(あいあい/ザ・ショット刊)12月号の表紙に登場する。『世界仕様に変身!Travis Japan ハロウィーン』をテーマに、英文誌である同誌だけでしか見られないスタイリングを10ページにわたり届ける。

 1977年創刊の日本の芸能・文化を英語で紹介した唯一の英文娯楽誌(主要記事には日本語対訳つき)。英語を勉強する国内の学生から一般社会人、日本滞在の外国人、日本に関心のある外国人、また海外ではハワイを中心にロス、サンフランシスコ、フレズノ、サクラメントなどに居住する日系人並びに日本に関心のある外国人などから「ジャパニーズエンタテインメント×英語」のハイブリッド誌として長く愛されてきた。コロナ禍により2020年7月号をもって休刊したが、2021年8月号(7月7日発売)で復活した。

 インタビューでは、世界へ向けた彼らからのグループ紹介や、彼らが海外へ伝えたいジャニーズや日本のよさ、メンバーそれぞれの国際意識などを徹底調査。ソロインタビューからチームトークまで充実のラインナップとなる。ソロカットは贅沢に1人1ページを使い、個性あふれるスタイリッシュな仕上がりに。日本語訳付きで、日本人読者も楽しめる内容となっている。

 また映画『ひらいて』(10月22日公開)出演の作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)は撮り下ろしグラビア&インビュー6ページで登場。映画についての話から、HiHi Jets内の海外に対する意識、海外での思い出などまで掲載の「作間龍斗、世界へひらいて」企画を展開。Sexy Zoneの菊池風磨&SixTONESの田中樹出演の舞台『DREAM BOYS』レポートページなども掲載している。