俳優の勝地涼が、24日放送のフジテレビ系バラエティー『人志松本の酒のツマミになる話』(後9:58)に出演。お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールのもと、MCを務める松本人志、さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)、ゲストの伊藤俊介(オズワルド)、大島由香里、黒谷友香とともに普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う。

 2年前に離婚を経験した大島は「結婚のメリットについて知りたいんです」と問いかける。その真剣な表情に、松本が結婚して25年の三村に話を振ると、三村は「メリットをテレビで言うのは…」と悩みながらも答えを絞り出す。しかし、その内容にスタジオは凍り付き、松本は「これはやばい」と大慌てとなる。大島と同じく離婚経験のある勝地は「オレが語っていいのかわからないですけど…」と前置きしつつ、前妻・前田敦子との結婚の決め手を赤裸々に告白し「離婚した今もお互いに…」と現在の関係性を明かして、一同を驚かせる。

 さらに勝地はかつて、友人の小栗旬と食事をした際、小栗から“食事中の変なくせ”を指摘され「すごく恥ずかしい思いをした」とぶっちゃけ。その一風変わったくせに、一同は「えぇー!」と驚がくし、そこから“人に指摘された自分のくせ”の話題となる。黒谷は、デビューして間もない頃、出身地の大阪弁が抜けていなかったそうで「浜田(雅功)さんと番組で共演したときに、“大阪弁をしゃべるな!”と指摘された」と語る。その後、浜田からかかってきた電話で彼の真意を知ったと明かすと、伊藤や勝地は「浜田さんってやさしい…」と感動するが、それを聞いた松本は意外なリアクションをとって笑いを誘う。