漫画家・水木しげるさんの生誕100周年を記念したイベント『ゲゲゲ忌2021』の取材会が24日、都内で行われ、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる富永大地プロデューサー、水木さんの長女・原口尚子氏が参加し、水木さんに関する裏話を語った。

 『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など数多くの作品を生み出した水木さんの功績を称え、2016年より毎年、調布市による主催、水木プロダクション、東映アニメーション協力のもと行われてきた同イベント。水木さんの7回忌となる今年も、来年迎える生誕100周年を記念して『ゲゲゲ忌2021』が、命日である11月30日を中心に11月20日〜11月30日の期間、アニメ特別上映会やスタンプラリーなどの企画を実施していく。

 水木さんの裏話として原口氏は「原作のことで言いますと、水木がよく言っていたのは、『鬼太郎はバカだからな。真面目なバカだから』と(笑)。『ねずみ男がいるからいいんだ。ねずみ男が人間臭いやつで、人間の欲望を素で表している。真面目な鬼太郎とバランスが良いんだ』と常々言っておりました。そういったところも、長く愛され続ける魅力なのかなと思います」と振り返った。

 一方、富永プロデューサーは、今のアニメ界に与えた影響について「ものすごく影響を与えていると思っております。『ぬらりひょんの孫』という漫画があるのですが、“ぬらりひょん”という妖怪を『鬼太郎』以前に日本人の中でどれくらい知っていたのか? “妖怪”という単語を知っていた人はどれくらいいたのか? 先輩方に聞くと、“妖怪”という単語は、柳田国男さんの書籍にも出てきますが、この言葉を一般名詞まで置き換えた作品は『鬼太郎』じゃないかと伺いました」と説明。

 続けて「そのようなことを考えると、みんなが知っている妖怪って、数々の作品で見聞きしたことはあると思いますが、原点は『ゲゲゲの鬼太郎』ではないかと思うと、僕は、勝手ですが日本の妖怪に関する漫画やアニメのゼロから一(イチ)をやった人が水木しげる先生だと思います。『鬼太郎』の影響は計り知れない」と強調した。