10月2日放送の“コント芸日本一”を決める『キングオブコント2021』(後7:00)の審査員について、松本人志(ダウンタウン)以外のメンバー4人を、同日放送の大型お笑い特番『お笑いの日2021』内の各パート(『お笑いミクスチャーフェス』『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜』『ザ・ベストワン』『キングオブコント2021』)で、1人ずつ発表することがわかった。25日放送の事前番組で発表された。

 2008年から毎年行われ、今年で14回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたち、ハナコ、どぶろっく、ジャルジャルが名を連ねている。

 今大会から即席ユニットでの参加が認められたことから、SNSなどで相方やユニットメンバーの募集を呼びかける芸人が続出。例年以上の盛り上がりを見せ、1回戦から注目を集めてきた。

 決勝には、3度目は2組(うるとらブギーズ、空気階段)、2度目は3組(ニッポンの社長、ニューヨーク、マヂカルラブリー)、初出場は5組(蛙亭、ザ・マミィ、ジェラードン、そいつどいつ、男性ブランコ)と多彩なラインナップが顔をそろえた。

 この日の事前放送で、松本は審査員について「今考えられるベストになっていると思いますよ。今年大いに盛り上がって、オレ抜きでできるようになってほしいなと思いますよ…」と告白。スタッフの無言に「なんも言ってくれへんのや(笑)」とツッコミを入れながら、ファイナリストについて「これはお世辞抜きですごいね。すごい戦いやと思います」と期待を寄せていた。