角川映画45年記念企画として、巨匠・市川崑が監督を手掛けた『犬神家の一族』(1976年)の4Kデジタル修復版初披露を含め、現在の日本映画界に影響を与えた一流のクリエイター(監督)たちの作品31作品が一挙劇場公開される「角川映画祭」(11月19日〜全国順次開催)の予告映像が到着した。名シーン、名せりふ、名優たちの姿は未だ鮮烈な魅力を放っている。

 「スケキヨ、頭巾を取っておやり!」。記念すべき角川映画第1作の傑作ミステリー『犬神家の一族』の劇中、頭部全体を真っ白に覆ったゴムマスク姿が強烈なキャラクター“スケキヨ” に対して犬神家3姉妹の長女・松子を演じた高峰三枝子が圧巻の貫禄で言い放つせりふから予告は始まる。

 その後に続くのは、伝説の名優・松田優作の出演作の中でも特に高い人気を誇る村川透監督の『蘇える金狼』(79年)、『野獣死すべし』(81年)。薬師丸ひろ子の「カ・イ・カ・ン」など、世代を超えて語り継がれる名せりふを生んだ相米慎二監督『セーラー服と機関銃』(81年)。佐藤純彌監督の『人間の証明』(77年)。深作欣二監督『復活の日』(80年)、『里見八犬伝』(83年)。

 過去や未来へタイムスリップする少女を描き、アニメ、ドラマ、映画と幾度もリメイクされている原田知世映画デビュー作であリ、大林宣彦監督の不朽の名作『時をかける少女』(83年)と、松任谷由実の主題歌「守ってあげたい」も大ヒットした『ねらわれた学園』(81年)。

 さらには、森田芳光監督『メイン・テーマ』(84年)、『黒い家』(99年)。崔洋一監督『友よ、静かに瞑れ』(85年)、『花のあすか組!』(88年)。井筒和幸監督『晴れ、ときどき殺人』(81年)、『二代目はクリスチャン』(85年)。和田誠監督『麻雀放浪記』(84年)。今月3日に亡くなった澤井信一郎監督による『Wの悲劇』(84年)、『早春物語』(85年)。千葉真一本人が主演とアクション監督を務め、追悼上映企画となる「自衛隊VS戦国武将」を描いたスペクタクル巨篇『戦国自衛隊』(斉藤光正監督、79年)の映像も含まれている。

 常識にとらわれず、ただただ観客を楽しませるためエンターテイメントに徹し、パワーあふれる傑作を世に送り出した伝説の「角川映画」をスクリーンにて堪能できる貴重な機会、ぜひお見逃しなく。

■「角川映画祭」開催劇場

★テアトル新宿
期間:11月19日(金)〜12月16日(木)
https://ttcg.jp/theatre_shinjuku/

★EJ アニメシアター新宿
期間:11月19日(金)〜12月9日(木)
https://ej-anime-t.jp/shinjuku/

★シネ・リーブル梅田
期間:12月〜
https://ttcg.jp/cinelibre_umeda/

★ところざわサクラタウン ジャパンパビリオンホールB
期間:11月19日(金)〜

※上映作品やスケジュールなど詳細は、各劇場に問い合わせ

■角川映画祭 公式サイト
https://cinemakadokawa.jp/kadokawa-45/