女優の紺野彩夏、俳優の曽田陵介が28日、都内で行われた次世代タレント×音楽をコンセプトにしたYouTubeドラマプロジェクト「PLAY DISTORTION」の第2弾『add9 Code(アドナインスコード)』の試写会イベントに登場した。

 この日は参加キャストも一緒に試写を鑑賞。コロナ渦の影響で、バイトをクビになってしまった桜井未希を務めた紺野は「自分が出てないシーンを見ずに前後の撮影をした。見て、やっと『この人は、こういうことを言っていたんだ』とつながった。演じている時は自分の軸だけでしかつながっていなかったんですけど、見たことによって全体がつながっていって面白かったです」と振り返っていた。

 ボカロプロデューサー・ゴトリューこと後藤竜を演じた曽田は「変わり者の天才という役柄だったんですけど読み合わせをした時に監督に『ピエロ感があった方がいい』と言われまして…」と苦笑いしながらも「ゴトリューが成長していく姿を見ていただけたら。それぞれキャラが合っていて個性豊か。最後に成長する姿が見れてホッとしました」と語った。

 ひねくれ者の映像クリエイター、柳徹役を演じた、お笑いコンビ・かが屋の賀屋壮也は予定よりも長く撮影し、アドリブが多かったと明かしながら「最後の2人(紺野と曽田)のシーンは、なにをあんなイチャイチャしているんだ、と。ホントに役の中だけなのかな」とニヤリとした。2人は「イチャイチャはしてない!」と猛否定。それでも曽田は「だって(撮影を)止めないから…」と苦笑いを浮かべていた。

 また、口にチョコがついている場面があるが、紺野は「あれは自分でつけているんですよ。最初から狙ってやっている」と暴露。共演陣から「あざと〜い!」とイジられると、曽田は「ドラマじゃん…」と照れていた。

 曽田は「役の中では、女の子としては見ていない。自分的にはイチャイチャしている感覚はまったくなかった」と説明すると、賀屋は「リアルな照れ感と役柄がマッチしていて、大変よかったと思います。あそこから始まるんじゃないかっていう予感がした。印象的なシーンです」とニヤニヤしていた。

 物語は、コロナ渦の影響で、バイトをクビになってしまった桜井未希(紺野)。未希は、ネットの書き込みから、ボカロプロデューサー・ゴトリューこと後藤竜(曽田)と出会い、アシスタントとして働くことになる。変わり者のゴトリューに振り回される未希だったが、ミュージックビデオ制作のために仲間を集め始める。そこに集まったのは、それぞれ違う悩みを抱えた、4人だった。共に活動をしていくことで、それぞれの悩みが紐解かれていき、やがて本物の“仲間”として、音楽制作を進めていく。

 イベントには、樋口晃平、ゆなも参加した。