女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。30日放送の第99回あらすじを紹介する。

 第20週(27日〜10月1日)のタイトルは「気象予報士に何ができる?」。ラジオで告知したいことがあると言う漁協組合長の滋郎(菅原大吉)が百音(清原)のもとを訪ねてくる。滋郎は「来週あたりアワビの解禁日になるだろう」とラジオでしゃべり帰っていった。アワビ漁をするには、海の透明度が重要となってくると知った百音は「アワビの開口日を予測させてほしい!」と滋郎に提案。しかし、まったく相手にされない。それでもしぶとく、食らいつくのだった。

 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。