劇団EXILEの佐藤寛太と大原優乃のダブル主演で、山田金鉄氏の漫画『あせとせっけん』が実写ドラマ化されることが発表された。2月3日よりMBSドラマ特区枠ほかで放送される。“においフェチ”なせっけんの商品開発プランナー役に佐藤、“汗っかき”なメガネ女子役に大原が扮する、「あせキュン」ラブコメディー。公開されたビジュアルは、“におい”にひかれ寄り添う2人を描いた原作の第1巻のオマージュとなっている。

 原作は、2018年より「週刊Dモーニング」(講談社)にて連載された山田氏の初連載作。究極のフェチズム、そして滴る汗にキュンが止まらない超純愛ラブストーリーは多くの読者の心をつかみ、「第2回電子書籍で読みたいマンガ大賞」の大賞受賞や、「第3回マンガ新聞大賞」第2位にも選ばれた。

 主人公は、化粧品&バス用品メーカー「リリアドロップ」で働き、せっけんの商品開発プランナーを務める・名取香太郎(なとり・こうたろう)と、同じ会社で経理部として働く、八重島麻子(やえしま・あさこ)。職業柄、香りの嗅ぎ分けを得意とする究極の“においフェチ”香太郎は、ある日会社の廊下で、とっても気になる“におい”に出会う。

 一方、重度の“汗っかき”の麻子は幼少期に「汗子」とからかわれた経験があり、においや汗がコンプレックス。人目をはばかるようにトイレでデオドラント製品を使うことが日課で、ある日、念入りににおいケアをし、廊下を歩いていると…突然、香太郎から“におい”を嗅がれて、「あなたのにおいにビビッときました」と言われる。

 その後も幾度となく香太郎は麻子の前に現れ、商品開発のプレゼンのために「これから1週間、毎日においを嗅がせてほしい」と懇願。麻子はその勢いに負け、協力することになり、毎日嗅がれることに…。

 人望が厚く仕事もでき、誰からも愛される香太郎と、恋愛経験がほぼなく、地味なピュアOL・麻子。不釣り合いに見える2人が、“におい”でつながり、嗅ぎ・嗅がれるうちに、不思議とひかれ合っていく。麻子は、コンプレックスだと思っていた汗を愛してくれる香太郎と出会い、香太郎も本能的にピンとくる麻子に出会い…、誠実に愛を育んでいく2人のラブストーリーをコメディータッチで描く。

 昨年12月公開の映画『軍艦少年』で主演を務め、映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』での好演も記憶に残る佐藤は、原作漫画のファンだったそうで、「漫画ならではの良さを知っている分、文字だけで表記してある脚本と向き合うたび、かなり異色のドラマが生まれるのじゃないかとワクワクと戦々恐々とした気持ちが入り混じりながら読み進めております。この幸せいっぱいの物語をドラマ化するにあたり映像化したことによる良さを皆さんに伝えられるよう創っていきたい」と意気込みを語っている。

 ダンス&ボーカルユニット・Dream5で活動した後、モデルとしてグラビア誌などで多くの表紙を飾り、女優としてドラマ『ゆるキャン△』や『ただ離婚してないだけ』、『真夜中にハロー!』などにも出演、今回が地上波連続ドラマ初主演となる大原は、「このお話をいただいた日、うれし泣きしながら帰ったのを覚えています。元々原作を読んでいたので、自分が携わらせていただけること本当にうれしいです」とコメント。「麻子の健気で不器用なかわいらしさを大切に演じたい」という意気込みとともに、「自分のコンプレックスを愛してくれる男性と出逢うことで前向きになれる、とてもピュアなラブコメです。観てくださる方々に、共感していただけますように」と、アピールしている。

 ドラマ化にあたっては、“におい”の映像表現にも挑戦。監督は、ドラマ『武士スタント逢坂くん!』や『シリーズ江戸川乱歩短編集』、『突撃!南島原情報局【神回】』のほか、King&Prince「シンデレラガール」のミュージックビデオ、松屋フーズのCM「みんなの!マツベンサンバ」篇など、多岐にわたる分野の映像作品を創り出してきた渋江修平氏が務める。

■山田金鉄(原作者)のコメント(全文)
 ドラマ化のお話を頂いた時は一瞬なんの事かよく分かりませんでした。企画書などを拝見してようやく「あれ? これ本当の話?」と自覚した次第でして…目に見えない「におい」という題材やあらゆる面でハードルが高いのではと思っていましたが、監督を始めスタッフの方々の熱意はヒシヒシと伝わってきました! 監督の手腕と主演お二人の快演を、いち視聴者としてとても楽しみにしております!!

■放送情報
MBS:2月3日スタート、毎週木曜 深1:09〜
テレビ神奈川:2月3日スタート、毎週木曜 後11:00〜