お笑い芸人の劇団ひとりが14日、パーソナリティを務めるFM FUJI『劇団サンバカーニバル』(毎週土曜 後8:00)に出演。同じ事務所の先輩芸人でダチョウ倶楽部・上島竜兵さん(享年61)の死去後初めての放送で粋なボケトークを披露した。

 “竜兵会”のメンバーでもあり上島さんとは親交の深かったひとり。番組冒頭、「どこから話せばいいのか…」と神妙な口調で切り出すと、「このラジオでは正直になんでも話してきたので自分の都合で触れないのも気持ち悪いし、かと言ってきのう今日の出来事だから、まだ笑い話にはできない。でもいつかは、笑い話にできるように腕を磨いていくっていうのが、芸人としての一つの課題なのかなという感じがしてる」と前置きした。

 さらに「事情を知らない人もいるかもしれないので、説明しますけど…」と続けたところで、「5月14日、日刊スポーツさんの記事から抜粋します。【市原隼人、撮影現場での鉄壁ルーティン「絶対うどんしか食べない」】」と周囲の予想を裏切る話題に急転換し、上島さんの話題には触れず。

 共演陣から「いまその話を?」とツッコまれると「そうそう、ショッキングな話だったんでね。僕まだ心の整理がついてなくて…」と続けてボケてみせた。


■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時〜午後9時/毎月10日・午前8時〜翌日午前8時)