タレントのデヴィ夫人(82)が24日、ウクライナの首都キーウから自身のインスタグラムを更新。写真とともに現地の状況を紹介した。

 デヴィ夫人は「既に報道されているので、ご存知かと思いますが、私は今ウクライナ・キーウに居ります」と自身の言葉で改めて報告。「現地では警察とミリタリー・ポリスの警護がついております」といい「私は戦争もクーデターも革命も暴動も経験しております。大丈夫です」と無事を伝えた。

 インスタには、現地の写真をアップ。デヴィ夫人の姿、街中の様子、スーツケースいっぱいに入った支援物資など全10枚で、「私は1962年にウクライナを訪れています。ウクライナには特別な思いがございます。ウクライナの方々の勇気を讃え、できる限りの助力をしてまいります」とコメント。最後には「ウクライナのために頑張ってまいります」と力強い言葉とともに締めくくっている。