俳優・伊藤沙莉が主演を務める、連続テレビ小説『虎に翼』(月〜土 前8:00 NHK総合 ※土曜日は1週間の振り返り/月〜金 前 7:30 NHK BS、BSプレミアム4K)の第3話が3日に放送され、直後の“朝ドラ受け”で鈴木奈穂子アナウンサーが衝撃告白をした。

 第3話は、教室から聞こえた「女性は無能力者」という言葉に思わず反応してしまった寅子(伊藤沙莉)は、教授の穂高(小林薫)と臨時講師の裁判官・桂場(松山ケンイチ)と出会う。法律に強い関心を持つ寅子に「明律大学女子部法科」へ来いと言う穂高。そこは、女性も弁護士になれる時代が来ることを見越した女性のための法律の学校だった。希望を見出した寅子は母・はる(石田ゆり子)が実家に帰っている間に出願しようとたくらむ…というストーリーだった。

 朝ドラ放送後の『あさイチ』冒頭で鈴木アナは「きょうの朝ドラを見ていたら高校時代の同級生が出ていて、先生役で。先日も連絡取ってたのに…。びっくりしちゃってきょうの内容なにも入ってこない」と動揺しながら明かした。

 これに視聴者は「あさイチ の朝ドラ受けで鈴木アナが寅子の担任教諭さんが高校同級生のご友人だと気づいて動揺してるのがめっちゃ面白かった(笑)先週もメールしてたのに一言も報告なかったって(笑)」「女学校の先生、鈴木アナの同級生!?そして出ること内緒だった!?今日の朝ドラ受けはなかなか衝撃的ねw」「えええ女学校の先生役の人鈴木アナの同級生なのかwww」と反応している。

 第110作目の連続テレビ小説となる本作は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となった女性を俳優・伊藤沙莉が演じ、彼女とその仲間たちが困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子どもや追いつめられた女性たちを救っていく。日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ三淵嘉子さんの実話に基づく、リーガルエンターテインメントとなっている。