富士山で打ち上げる
唯一無二の花火大会

日本が誇る絶景ポイントといえば、富士山。
4月20日(土)、富士山の1合目にあるふじてんリゾート特設会場で、春の花火を存分に楽しめるイベント『The 絶景花⽕「Mt.Fuji」2024』が開催されます。
世界で唯一、世界⾃然遺産富⼠⼭の敷地内で行われるイベントとしても注目されていますが、なんといっても目玉なのが、内閣⼤⾂賞をはじめ国内外の様々な賞を受賞している、⽇本を代表する“花⽕師BIG4”の紅屋⻘⽊煙⽕店、磯⾕煙⽕店、齋⽊煙⽕本店、菊屋⼩幡花⽕店がそろうということ。それぞれが打ち揚げる花⽕だけではなく、創業100年以上の歴史をもつ4社のコラボレーションが楽しめます。

⽇本を代表する“絶景”花⽕師BIG4をご紹介

花⽕業界のトップランナー
創業108年の「紅屋⻘⽊煙⽕店」

全国花⽕競技⼤会「⼤曲の花⽕」において内閣総理⼤⾂賞を2度受賞。全国トップレベルの⽣産額を誇る「打ち上げ花⽕」は2019 年に⻑野県の伝統的⼯芸品に指定。
大曲全国花火競技大会:内閣総理大臣賞 その他受賞歴多数

三河花⽕の巨匠
創業137年の「磯⾕煙⽕店」

「三河花⽕」の愛知県岡崎市に本社を構える明治20年創業の⽼舗ながら、創造花⽕やメロディー花⽕などの技術を受け継ぎ守りつつ、新しい花⽕演出に取り組んでいる。
大曲全国花火競技大会:内閣総理大臣賞 その他受賞歴多数

伝承の技・甲州花⽕元祖
創業123年の「⿑⽊煙⽕本店」

1901(明治34)年創業。「甲州花⽕」 は2023年3⽉⼭梨県の郷⼟伝統⼯芸品に認定。花⽕⽟は伝統的な技法によって製造されている打ち上げ花⽕。
隅田川花火大会:優勝 その他受賞歴多数

名⼯の⾎を継ぐ・上州の匠
創業152年の「菊屋⼩幡花⽕店」

1872(明治5)年創業。先代と親⼦2代での受賞という快挙を成し遂げており、群⾺県で最古の花⽕⼤会を歴代担当。
大曲全国花火競技大会:内閣総理大臣賞 その他受賞歴多数

どこから⾒ても“絶景”
混雑のない花⽕⼤会

打ち上げ花火は、見えるところならどこでも楽しみることも魅力ですが、じっくりと堪能するなら、おすすめはやっぱり指定席。10,000⼈以上⼊る敷地面積ではありますが、この花火大会では贅沢に約3,000 席限定に! 渋滞も混雑も場所取りもなく、安⼼して花⽕が⾒られる花⽕⼤会として、花火ツウの評判は上々。どの席からでも絶景が望める贅沢な鑑賞空間です。
もちろん花⽕からも近く、その迫⼒を全身で体感できます。花⽕のレジェンドたちによる極上の花火を、ぜひ一度見に行きませんか?


『The 絶景花⽕「Mt.fuji」2024』
・開催⽇時 2024年4⽉20⽇(⼟) ※⾬天決⾏・荒天時中⽌
・開催場所 ふじてんリゾート特設会場(⼭梨県南都留郡鳴沢村) ※富⼠⼭1合⽬敷地内
・開場/開演 開場︓16:00 (駐⾞場OPEN 15:00予定) 開演︓18:30 (予定)、⽇の⼊り18:24
・チケット ※全て税込・4歳以上は有料
VVIP/VIP席 VVIP席︓150,000円、 VIP席︓80,000円
カメラマン席 VIP︓55,000円、⼀般︓35,000円
富⼠⼭天空チケット(ロマンスリフト観覧席)︓87,200円
プレミアムエリア 1席︓45,000円、ペア︓85,000円/2 席、ファミリー︓160,000円/4席
グリーン 1席︓30,000円、ペア︓55,000円/2 席、ファミリー︓110,000円/4席
スタンダード 1席︓25,000円、ペア︓45,000円/2 席、ファミリー︓90,000円/4席
パーキングチケット 1台︓2,000円 ※パーキングチケットのみの購⼊はできません。
JTB 駅シャトルバスプラン 1名往復︓4,000円河⼝湖駅前ロータリー
詳細はオフィシャルウェブサイトから