毎日更新中の「大人のおしゃれスナップ」で紹介しているコーディネートを、1週間分まとめておさらい。さっそく、街ゆくおしゃれさんたちのコーディネートをチェックしていきましょう!

4/8(月)

フリーエディター
三宅桃子さん

年齢に合わせて、フェミニンさを取り入れるようになったとはいえ、メンズライクな装いが好みという三宅さん。「ジャケットは大好きなブランド『オオシマレイ』のもの。大柄な男性っぽいシルエットが楽しめるので気に入っています。ちょっと渋めの色柄チェック柄で、“おじさん”っぽいのもツボですね」。そんなジャケットと好相性なのが、「ユニクロ」のデニム。「とにかく軽くてやわらかい! スラックスっぽいタック入りなので、カジュアル過ぎず、きれいめに合わせられるのがいいですね」

4/9(火)

「アデュートリステス」「ロワズィール」プレス
山野内裕紀子さん

「この春はデニムが豊作。濃いインディゴカラーも素敵ですが、少し明るめの色合いが大人世代にはおすすめです。あえて別々のアイテムをセットアップ風にコーディネートすると、こなれ感が出て洒脱度がアップします」。山野内さん曰く、セットアップ風コーデのときに大切なのは、上下のデニムの色合いを添えることと、肌の抜け感を意識することだそう。「薄手のコットンリネンを使ったトップスは、柔らかな生地感で着心地も◎。1枚で着たり、肌寒い日のちょっとした上着としても活躍してくれます。

4/10(水)

保育士
すーさん

着心地のよさに惹かれたという「カレンソロジー」のワンピースと、同系色の小物で爽やかなコーディネートが完成。「一枚でさまになるうえに、どんなアウターや小物を合わせてもなじむので、たくさん着まわしができるアイテムです」。春の陽気が心地よいこの日は、ホワイトコーディネートに映えるデニムジャケットをオン。

4/11(木)

会社員
尾池弘江さん

ブラウスとビスチェ、パンツ、バッグを同系色の“白”でまとめた爽やかなスタイリング。潔くワントーンにすることで、ぐっと春らしく仕上がっています。「シフォンブラウスとワッフルパンツはどちらもやさしい質感なので、異素材ミックスコーデでもやり過ぎ感が出ず、馴染む気がするんです」

4/12(金)

ギャラリー運営
田中さん

表参道で優雅にランチタイムを過ごしていた田中さんを直撃。「仕事柄かっちりした洋服を着ることが多いので、オフはカジュアルなスタイリングを求めている気がします。今日は久しぶりにはいたデニムが新鮮で、いつもより気持ちが上がっているかも(笑)」。「バーバリー」のマントジャケットをはおり、品の良さもほどよく取り入れたスタイリングがステキ。

4/13(土)

主婦兼大学院生
東陽子さん

「出かけるのが楽しくなるようなコーディネートを組むようにしています」と、東さん。この日はボリューム感のあるチュールスカートにジャストサイズのカーディガンを合わせてメリハリを。ほんのり色づいたイエローが春らしい、爽やかなスタイリングです。

4/14(日)

パート勤務
大原るみさん

ミモザのようなイエローのブラウスと、明るいトーンのデニムとの合わせが絶妙。まさにウキウキとした気分を表現されたようなカラーコーディネートです。「タックがたっぷりのブラウスなので、その甘さをデニムとシルバーの靴で少しシャープに中和してみました。ビッグオーバーのシルエットのため、少しずつ丸くなっていた背中もカバーできるスグレモノ。この春は大活躍中です」