専門家に教えてもらった!「手作りお菓子」の賞味期限ケーキ屋やコンビニで売られているスイーツには「賞味期限」が書いてあるが、手作りの場合は当然自分で決めなくてはならない。せっかく作ったお菓子だから、一番おいしいときに食べたいし食べてもらいたい。だがそれは一体いつなのか?ホームパーティやプレゼントのときに悩んだことがあるのでは。

手作りしたお菓子の賞味期限はどれくらいなのか。クリームやチョコレートなど、使う素材でも違ってくるのか。フランス料理やフランス菓子に詳しい、料理研究家の熊谷真由美さんに聞いてみた。

■手作りお菓子の賞味期限は短い

「手作りの場合、思いのほか日持ちしません。特に生菓子といわれるものは2日ほどが限度です。雑菌がなければ、もっともつと思いますが、家庭ではプロのように手袋をしたり、まめに消毒しながら作ることはまずないでしょうから、雑菌がいると仮定して早めに食べきるのが賢明です」(熊谷さん)

冷蔵庫で保存した場合の日持ちは、生ケーキで2日、クッキーやパウンドケーキなど焼き菓子で5日、カスタードクリームを使ったものは1日、プリンやゼリーなら3日くらいということだ。

保存料を使っていない手作り品の賞味期限が、市販のものより短いというのは納得できるが、種類によってこんなに差があったとは! その理由を、再び熊谷さんに聞いてみた。

■カギは水分!水分が多いお菓子は傷みやすいと心得る

「生のクリームを使ったものは、水分が多いので傷みやすいです。特にカスタードクリームは注意が必要です。焼き菓子系で水分がないものなら5日ほどはもちます。例えばシフォンケーキは、同じ焼き菓子でも材料の中に水分が多いので、意外と傷みやすいです。チョコレート系はチョコレート自体に防腐効果があるので、他のお菓子よりは長くなります。プリンはカスタード系ですし、ゼリー類も菌が繁殖しやすいので、やはり注意しながらお早目に召し上がってください」(熊谷さん)

手作り菓子の賞味期限は、意外に短いことがわかった。ではプレゼント用などに作り置きしておきたい場合は、どうしたらいいのか?

「プリンやゼリー以外なら、冷凍して保存できます。素材やトッピングの状態でも変わりますが、冷凍庫で1か月ほどはもつと思います。召し上がるときの解凍は、冷蔵庫でしてください」(熊谷さん)

また、保管やラッピングのときに注意したい点についても、熊谷さんが教えてくれた。

■保管の敵も水気。市販の乾燥剤を利用するのも手

「保管するときはもちろん、調理するときも“水気”には注意してください。道具に水がついていたりすると、できたものも傷みやすくなるからです。焼きたての熱いものは、冷めてから包まないと水分がこもってカビの原因にもなります。保管やラッピング時には、食品用のシリカゲル(乾燥剤)なども活用し、湿気をよばないように気をつけましょう。プレゼントする場合は、食べていただくまでにより時間がかかることを想定し、生ケーキは冷凍したまま差し上げる、日もちする焼き菓子やチョコレートのお菓子を選ぶ、といった工夫が必要でしょう」(熊谷さん)

せっかく作った手作りのお菓子。おいしくいただいてもらうためにも上記を参考に、お菓子作りに励んでもらいたい。

「おしトピ by 教えて!goo」では「自宅で作ったことがあるスイーツは?」ということで、みんなが自宅でどんなお菓子作りに挑戦しているのか、アンケートを実施中だ。

● 専門家プロフィール:熊谷 真由美(くまがい まゆみ)
料理研究家。おもてなし料理やお菓子という切り口で、身近な素材を使った華やか&ヘルシーな料理を提案。ソムリエ・フランスチーズ鑑評騎士でもあり、フランス菓子・フランス料理・ワイン・チーズの著書も多数。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)