ニッカウヰスキー公式Twitterがラピュタパンの亜種とも言える絶品マヨチーズ目玉トーストのレシピをつぶやき7千近くRTされるほど注目を集めていました。これは……マヨネーズ+チーズ+半熟目玉焼きトーストなんてどう考えても美味しいに決まってる!!!!ということで、つくってみましたよ!

 作り方は超簡単。食パンの縁にマヨネーズを土手でつくり、その土手の中に卵を割り入れ、卵の上にスライスチーズをのせてオーブントースターで4分から5分加熱すると紹介されていました。

 ただし、何度か実験してみた結果、この方法だとオーブントースターの種類によりチーズの溶け具合や卵の焼け具合が足りない、さらには卵があふれちゃう!なんてケースがあったので、今回は編集部でちょっとアレンジした材料とレシピも紹介します。

【編集部のアレンジ版】
1:食パンは6枚切りか、5枚切り※を選んでください。パンの中央にスプーンなどでくぼみをつける。(※食パンの何枚切りかの主流は西と東で異なります。東・6枚/8枚、西・4枚/5枚)

2:そこに卵を割り入れ、マヨネーズで土手をつくる。(逆の手順でも可)

3:2を600Wのオーブントースターで10分加熱。その後上に「シュレッダーチーズ」を乗せて4分加熱する。焦げ目が欲しい時にはさらに2〜3分焼いください。


 出来上がったトーストはチーズの中に半熟の卵が隠れていて、中からとろ〜りと黄身が溢れ出して絶品。炭水化物&マヨネーズの油&チーズの豊富なタンパク質で栄養たっぷりですが、カロリーを計るまでもないデブ飯だということには目をつむってください……! 美味しいんですよ、ほんと……!! 
ちょっぴり時間はかかりますが、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

(大路実歩子)