シャープ株式会社が「8Kポータルサイト」を公開しました。8Kとは、2016年に試験放送が開始され、ついに2018年12月から実用放送が開始される7680×4320ピクセル/約3300万画素からなる超高精細な次世代の映像規格です。現在放送されているハイビジョン番組の16倍もの解像度を持っています。

これまで以上に、映像ながらも細かい色、ものを見ることができます。例えば0.02ミリしかないような手術用の細い糸もくっきり確認でき、さらに8Kの高精細映像では組織の質感もわかるようになるため、手術がしやすく、安全性が高まると医療現場からも期待されています。

今回シャープが公開した「8Kポータルサイト」では、8Kの世界を体験できるWebサイト限定CM公開に、8Kがもたらす技術や可能性についての説明、さらに8Kの高度な技術開発の中で生まれたテクノロジーを生かした、AQUOSハイエンドモデルとして発売中の「AQUOS 4K NEXT」の紹介。ほかにも、開発者インタビュー「VOICE」、「8K落語」動画など多彩なコンテンツを掲載。

しかし一般で分かりやすく作られているのはやはりWEB限定CM。車窓から流れる景色を見つめる男性二人を描いた作品ですが、ただそれだけなのです……。思わず何てこと無いつまらない映像かと思うのですが……、最後に「あっ」と驚くオチが待っています。男性二人の後ろに流れる車窓風景、じつは映像だったのです。2018年12月からはじまる8K放送。どんな映像が見られるのか、少し楽しみになりますね。

(梓川みいな / 画像提供・シャープ株式会社)