みんな大好きマクドナルド。さて、皆さんは普段マクドナルドの愛称ってどう呼んでますか? 日本では「マック」と「マクド」が2大勢力が知られています。その他少数勢力としては「マクダァーーナルッ」「ドナルド兄貴の店」(これも兄貴派と兄さん派がある)などなどありますが、大勢が使用する勢力としてはこの二つがよく知られています。

「マクド」は主に関西圏で聞かれることが多いですね。それぞれ馴染みある呼び方なので、それなりのこだわりもありますよね。

そこで、マクドナルドはこの2種類の愛称、どっちがよいのか、初めて公式に「マック」「マクド」論争に参入することにしました。それも、愛称をかけたバーガー同士のおいしさ対決として。

「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」と銘打った対決は、マック軍とマクド軍に分かれて、8月9日から期間限定で販売されるそれぞれの軍のバーガーのおいしさで勝負するというもの。それぞれの軍のバーガーを応援する商品も登場して、対決を盛り上げます。完全に全面戦争ですねー。この対決を盛り上げるため、マック軍には平愛梨さん、マクド軍には今田耕司さんがそれぞれセコンド(サポーター)につき、バトルを展開していきます。

マック軍、マクド軍の対決商品の詳細は、8月7日に明らかになる予定ですが、ヒント画像が公開されています。……え、マック軍はひょっとして豪華にローストビーフ?マクド軍はメンチカツかな……?

勝敗の決定方法は、マック軍やマクド軍、そして8月7日に発表される商品名などの「ツイート数(リツイート含む)」によって決定されます。1つのツイート内に複数の対象ワードがある場合は、それぞれ1つずつカウントされます。

カウント期間の対象は2017年8月4日(金)10時00分から、2017年8月20日(日)23時59分まで。マック軍、マクド軍それぞれのツイート数の途中経過は、マクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)で発信し、最終結果は2017年8月21日(月)に発表されます。勝利軍は8月2日(火)より、勝利軍のバーガーのお得な「優勝セール!クーポン」をマクドナルド公式アプリとTwitterで配信するとのこと。

また、これに合わせてマクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)から投稿される対象ツイートを公式リツイートすると、抽選で各チームそれぞれ100名ずつ、合計200名にリツイートしたチーム(マック軍・マクド軍)の応援Tシャツが当たるキャンペーンも実施されます。2017年8月4日の10時00分〜8月13日の23時59分にマクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)をフォローし、このアカウントで「#マックなのかマクドなのか」で投稿されたツイートの中の「#マック軍」または「#マクド軍」のハッシュタグのついたもののどちらかを公式リツイート(1投稿につき1回のみ)すると、マクドナルドの返信用アカウント(@Love_McD)から抽選の結果が@ツイート(メンション)で届くという仕組み。期間内に対象ツイートは各チームそれぞれ14回ずつ投稿されるので、1投稿につき1回づつ、合計で28回挑戦することができますよ。

さらに8月4日から8月8日までは、期間限定で当選確率が2倍!チャンスですねー。Tシャツが当たらなくても、応募者全員にもれなく相手軍から「果たし状」クーポン(対決商品のお得なクーポン)が届くとのこと。

ところで、「マック」「マクド」の呼び方は地域性があるのですが、マクドナルドの社内調査によると、マクド軍の「マクド」という呼び方を使っている地域は関西圏の11府県(マクドのみ:大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県/マック・マクド混在:徳島県・香川県・高知県・愛媛県・三重県・滋賀県)のみとのこと。地勢的には、マック軍圧倒的有利ですが……頑張れマクド軍!

もしマクド軍が勝利したあかつきには、マクドナルドホームページの一部が「マクド化」されるという特別企画もあるとか。……これが負けフラグにならなければいいのですが。

キャンペーンについて詳しくは、公式サイトをご参照くださいね。あなたはマクド軍につきますか?それともマック軍につきますか?おいしさ対決とはいえ、その結果。ちょっと楽しみですね。

(咲村珠樹 / 画像提供・日本マクドナルド株式会社)