夏には夏の食べ物や果物ですよね。このお休み中にスイカ割りを楽しんだ人もいるのではないでしょうか。よく冷えたスイカは体も潤って汗をたくさんかく夏にピッタリ!そんなスイカが見事な芸術作品になっていましたのでご紹介しますね。

岩手県滝沢市。スイカの名産地の一つとして知られている滝沢市は、『滝沢スイカ』として人気があります。その滝沢市で先日、「たきざわ朝市〜夏の陣〜滝沢スイカまつり」が開催されました。主催者はSNS等での発信を呼び掛けていたそうですが……。

残念なことにあまりSNSでの発信はなかったみたいでした。そんな中、ツイッターユーザーの如月宗一郎さん(@S_kisaragi)が、見るに見かねて「アップした人がいなくて不憫」と見事なスイカのフルーツカービングの写真を投稿していました。



フルーツカービングというのは、スイカやメロンなどの果物に彫刻をして美しく装飾加工する料理の飾り切り技法。そして今回注目された作品は、全日本氷彫創美会の小野恒夫理事が「フルーツカービングの実演コーナー」として出展していたブースに展示されていた作品です。それにしても、スイカのカービングの美しさは実に見事!スイカの表面のほぼ半分に大きな花の彫刻が施されています。他にも、赤いスイカの果肉と緑の果皮のコントラストが美しいレースのような模様や、黄色いスイカに施された大輪のバラの様な彫刻も。このままずっと飾っておきたい位の美しさです。実際には長持ちしませんが……。

このスイカ祭り、2017年で11回目を迎えたとの事。スイカを使ったイベントや「滝沢スイカまんじゅう」「滝沢スイカゼリー」などの販売で早朝から賑わっていたそうです。

夏の岩手は涼しくて気持ちよさそう!特に朝から味わうスイカの甘味は格別のようですね。
夏に岩手県に旅行する計画を立てたらこういった地域のお祭りもチェックしてみると意外な楽しさを感じるかもしれません。

<記事化協力>
如月宗一郎さん(@S_kisaragi)

<参考>
岩手県滝沢市

(梓川みいな)