元祖金沢カツカレー

 「元祖金沢 チャンピオンカレーデリバリー」が3月1日から本格始動することが株式会社チャンピオンカレーより発表されました。

 2020年12月から関東・関西・中部の一部店舗でテストオープンしていた「元祖金沢 チャンピオンカレーデリバリー」。3月中には41店舗のオープンを、2021年の夏頃までには全国100店舗以上での展開が予定されています。

 「元祖金沢 チャンピオンカレーデリバリー」はカレー専門店「カレーのチャンピオン」「チャンピオンカレー」を運営する株式会社チャンピオンカレーと、宅配とんかつ専門店「かさねや」などを運営する株式会社SBICとの協業プロジェクト。簡単に言うと「かさねや」のキッチンを利用して、チャンピオンカレーのメニューを提供するデリバリー専門のカレー業態です。

「元祖金沢 チャンピオンカレーデリバリー」本格始動!創業60年の味を宅配で全国に

 販売されるのはチャンピオンカレーが初めてレシピを作り育てたとされる“金沢カレー”。ステンレス製のお皿に盛り付けられた濃厚でドロッとしたルーとその上のソースがかかったカツ、そしてつけあわせの千切りキャベツが特徴のご当地カレーです。

 カレーソースは「カレーのチャンピオン」などの実店舗と同じものを使用。トッピングはとんかつ専門店の強みを活かし、「かさねや」で使用している食材をメインに使用。ウインナーについてはチャンピオンカレー独自レシピで製造されたものを使用しているそうです。

 メニューは元祖金沢カツカレー(1380円)、トリプルミックスA(1780円)、トリプルミックスB(1780円)など。出前館やUber Eatsなどの各種デリバリーサービスや株式会社SBICが運営するサイトで注文が可能です。

トリプルミックスA

トリプルミックスB

 また2021年に創業60周年を迎える株式会社チャンピオンカレーでは、60周年にちなみ年間60種類の企画を実施中。60周年のイベントやニュースなどは60周年特設サイトにて確認できます。

情報提供:株式会社チャンピオンカレー