ニコニコネット超会議2021で九州の鉄印帳を巡るオンラインツアー実施

 4月24日〜5月1日に開催されるインターネットの祭典「ニコニコネット超会議2021」にて実施される、超鉄道の新企画「超鉄道周遊ツアー〜九州鉄印編〜」の詳細が株式会社ドワンゴより発表されました。

 超鉄道の新企画は今話題の「鉄印帳」にフォーカスを当て、鉄印を獲得しながら旅をするというもの。4月24日12時〜26日19時の3日間にわたり九州地方で鉄印を提供する6路線をめぐる様子はニコニコ生放送で生配信。視聴者は配信をみることで、このオンラインツアーに参加することができます。

 出演者は、芸能界の「鉄道BIG4」として知られるお笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋やホリプロマネジャーの南田裕介。さらに鉄道好きが高じて自身の結婚式を駅で挙げたことでも知られるTV番組ディレクターの田中匡史がゲスト出演予定です。

 寺社を巡る「ご朱印帳」の鉄道版として鉄道ファンの間で話題沸騰中の「鉄印帳」。利用者は鉄印帳(税込2200円)を購入して、各鉄道会社の指定窓口で乗車券の提示と記帳料(300円〜)を支払うと各社のオリジナル「鉄印」をもらうことができ、全部集めると「マイスターカード」が贈呈されるというものです。

超鉄道の新企画は今話題の「鉄印帳」にフォーカスを当て、鉄印を獲得しながら旅をするというもの。

利用者は鉄印帳(税込2200円)を購入して、各鉄道会社の指定窓口で乗車券の提示と記帳料(300円〜)を支払うと各社のオリジナル「鉄印」をもらうことができ、全部集めると「マイスターカード」が贈呈されるというものです。

 地方鉄道の沿線地域の振興を目的とし、一部の鉄道会社と関係会社が連携して2020年7月10日から開始した鉄印帳。現在は全国40社の鉄道会社が参加しており、売り切れが続出するほどの人気を集めています。

 「超鉄道周遊ツアー〜九州鉄印編〜」では鉄印帳の発案者であるくま川鉄道の取締役社長・永江友二による全面協力のもと、各社の鉄印の意味・意図の解説を交えつつ、実際に鉄印を書いている様子をお届け。

「超鉄道周遊ツアー〜九州鉄印編〜」では鉄印帳の発案者であるくま川鉄道の取締役社長・永江友二による全面協力のもと、各社の鉄印の意味・意図の解説を交えつつ、実際に鉄印を書いている様子をお届け。

 道中では、それぞれの路線の見どころやオススメの立ち寄りスポット、鉄道旅行の醍醐味である駅弁など、鉄印巡りを最大限に楽しむための情報を紹介。また、ローカル線のみならず、乗車する新幹線・JR在来線などの全行程をJR九州の協力のもと放送。普段は立ち入りが難しい鉄道会社の車庫の見学など、鉄道ファン必見のコーナーも実施予定です。

 さらに九州第三セクター鉄道6社とニコニコネット超会議の初コラボ企画も後日発表予定とのこと。ニコニコネット超会議「超鉄道」は今回の九州6路線を皮切りに、今後様々な地域に赴き、鉄印帳やそのローカル線の魅力を発信し、地域活性化につながる取り組みを続けていくそうです。

ニコニコネット超会議「超鉄道」は今回の九州6路線を皮切りに、今後様々な地域に赴き、鉄印帳やそのローカル線の魅力を発信し、地域活性化につながる取り組みを続けていくそうです。

 番組の詳細は公式サイトにて確認できます。

情報提供:株式会社ドワンゴ