画像提供:まつたけさん(@matsutake_cat)

 生き物の進化はとどまるところを知りませんが、とうとう猫はバナナの皮をむけるようになった(?)ようです。猫の名前はまつたけちゃん。生後4か月になるスコティッシュフォールドの女の子。

 人懐っこくて、人が動くと追っかけてきたり、眠くなると人の顔の近くで寝てしまうこともあるというまつたけちゃん。3月29日に飼い主さんが「バナナの皮をむく まつたけ」というコメントと共にTwitterに投稿した写真には、自分の体よりも大きなバナナの皮をむいているまつたけちゃんの姿が写っていました。

 もちろんこのバナナは本物ではなく市販されているバナナ型のペット。でも、本当にバナナの皮をむいているように見えて可愛いですね。

 今回の写真は「初めてのバナナを見て、どうしていいかわからず、じゃれているところ」だと言い、「この後、出たり入ったり噛んだりと、いろんなことを試していました」と飼い主さんは教えてくれました。とはいえ今では大のお気に入りで「まつたけがどこかにいないって探すと大体バナナの中にいることが多いです」とのこと。

 この投稿には、8万5000件以上のいいねが付き、「か、かわいすぎる……」「上手くむけたにゃ」「両手で丁寧に皮をむくまつたけちゃん、とても可愛いです」など多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちもまつたけちゃんの姿に癒やされているようです。

 ちなみに、もっと癒やされたいという人は飼い主さんがYouTubeに「まつたけ日和」というチャンネルを開設し、まつたけちゃんの成長記録としていろんな動画を公開していますので、チェックしてみるのも良いかもしれません。

<記事化協力>
まつたけさん(@matsutake_cat)

(佐藤圭亮)