満開の桜に魅入られた猫の姿がTwitterで話題。

 4月になり季節はすっかり春爛漫。全国各地で桜も満開のため、散歩がてらに花見をされる方も多いのではないでしょうか。

 そして、道中見る桜の雄大さに、思わず目を奪われる方もまた多いと思いますが、どうやらこれ、人に限った話ではないようです。

 「もんた、我が家の庭とはレベルが違う桜に圧倒される。」

 福岡県に住むもんたの日常さん(以下、飼い主さん)が、そんなつぶやきとともにTwitterに投稿したのは、自身のTwitterアカウントのハンドルネームにもなっている、飼い猫のもんたくんを写した2枚の写真。

 もんたくんは「庭の散歩が日課なんです」と飼い主さんが語るほどのお散歩好きです。

庭の散歩が日課というもんたくん。

 「もんたと一緒にイベントを楽しみたかったということもありまして」と、飼い主さんは地元でももっと満開となった桜をもんたくんに見せてあげようと、この日は“いつものコース”とは違う場所まで出向き、もんたくんとお花見をすることに。

 冒頭のつぶやきは、目的地にたどり着いた際のもんたくんの様子をとらえたものなんですが、そこには、もんたくんの身体を覆いつくすかのように、満開となった桜がお出迎え。

 これにはもんたくんも思わず口をあんぐり。さらに首を伸ばして、周囲をキョロキョロ見回しています。

思わず首を伸ばして辺りをキョロキョロ見回すもんたくん。

 「目の輝きや動きを見ると、楽しんでいるのが伝わってくるんですよ」と飼い主さんが語られる通り、写真だけでも、もんたくんが初めての花見を満喫しているのが十二分に伝わってきますね。

 Twitter上でも同様に感じられた方が多かったようで、リプライ(返信)欄には、「圧倒されてひっくり返りそうですね」「わぁ〜っていってる!」「見上げて口開けてびっくりした顔が人間みたい」「はるだにゃ〜って言ってそうな顔をしている」など、“人間味あふれる”もんたくんの表情に多くの方が共感されました。

 春を満喫したもんたくんですが、やはり初めての場所ということもあり、投稿当日はほとんど歩かず、飼い主さんの膝の上に乗ってリラックスしながら過ごしていたそう。時間にしても20分ほどの滞在だったとのことです。

 ちなみに猫ちゃんは基本的に自分の知らない場所は怖がります。一方で、元野良猫だった場合には外に出たがり逃亡しようとすることもありますし、慣れていない場所にパニックになって逃げだそうとする子もいます。もんたくんに関しては、普段からの日課に加え、飼い主さんが細心の注意を払って行動しているため今回のようなお散歩が可能。お出かけできる猫、できない猫は大きくわかれますので、その点理解の上、気軽に真似してお家の猫ちゃんを連れ出さないようご注意ください。

<記事化協力>
もんたの日常さん(@montanonichijo)

(向山純平)