猫飼いにとってのあるある 障子を破って顔を出す猫に多くの共感

 「あっ……!見つかっちゃった!」というセリフが聞こえてきそう。猫が障子を突き破って顔を出すという、決定的瞬間をとらえた写真がツイッターで注目を集めています。

 決定的瞬間を撮影したのはツイッターユーザーの、初!多頭飼い苦戦中(^^;;さん(@TWmpPOHIU7tQAyS)。

 障子のあるお家+猫を飼っている家庭ならば「あるある」すぎる出来事ですが、飼い主さんには別の理由もあり今回ばかりはショックが大きかったようです……。

障子を破って登場するくろちゃん

 障子を突き破った犯猫は、生後3か月ほどだという飼い猫のくろちゃん。くろちゃんは今年6月30日に道路でケガしているところを、飼い主さんに助けられました。交通事故にあったらしく両足を骨折した状態だったそうです。

 その後お医者さんにもみせた上で、飼い主さんの看病の日々がはじまると同時に……くろちゃんのやんちゃ盛りも花開きます。

 飼い主さん宅には先住猫・先住犬が暮らしていたため、ケガをしている子猫のくろちゃんは当初別室で隔離されていました。昼は室内のみお散歩可、夜はケージにINという暮らし。ところがくろちゃん、よほど体力と好奇心をもてあましすぎたのか、少し歩けるようになったとたんに障子を破って部屋から脱走。

 飼い主さんのもとへきてからわずか1か月(8月頭時点の記録)で破った障子は計6枚という記録を打ち立てています。それからさらに1か月たった今回はもう何枚目・何回目か……。とにかくハイスピードで障子を破っているもよう。

 ちなみに今回破った障子の高さは120cmほど。当時先住犬とともに走り回っていたそうです。今回ばかりは高さがあるし大丈夫だろうと思っていた矢先、飼い主さんが様子を見に行くと……くろちゃんが障子を破ってひょっこり。この様子に飼い主さんも「あー!やめて〜お願いします」と心の中で叫んだのだとか。でもきっとこれは、うれしい悲鳴でもあったのではないでしょうか。

 ツイートの返信欄には同じ障子のある家に住む猫飼いから同情の声と共に「まだまだ控えめな方です」と、各家庭の破られた障子の写真が次々投稿。どれも目を覆いたくなるような惨状ですが、一緒に写る猫ちゃんの表情を見ると……うーん、叱るに𠮟れない飼い主さんたちの気持ちが良く分かりますね。

 寄せられた多くのコメントに飼い主さんは「何気なくあげた写真にたくさんのいいねがついてびっくりしましたし、とても嬉しいです」とコメント。ツイートには4万件を超える「いいね」がつく大反響となっています。

<記事化協力>
初!多頭飼い苦戦中(^^;;さん(@TWmpPOHIU7tQAyS)

(山口弘剛)