画像提供:柴犬いち 豆柴にじさん(@da_k55)

 なにか悪いことをしたわけではないのに、モザイクをかけられてしまったのは柴犬のいちくん。本人はもちろん気づいていないのですが、飼い主さんをはじめ、写真を見た人たちにたくさんの笑いを届けています。

 いちくんは人が大好きな、人懐っこい男の子。少し寂しがり屋なところもあるため、飼い主さんが帰ってくると大喜びでお出迎えするのが日課となっています。

 そのお出迎えについて「何度見ても、このお出迎えは面白い」とツイートした飼い主さん。添付されていた写真には、ドアの向こうで待っているいちくんの姿が写っていました。しかし、ドアについているガラスのデザインの関係で顔がモザイクのように……。

リビングのドアの向こうで待っているいちくん

 基本的にリビングで放し飼いをしているため、玄関ドアが開く音で帰宅してきたことに気づき、写真のようにドアのところでいつも待っていてくれるそうです。それにしても……なんだか人気サンドボックスゲームの「マインクラフト(Minecraft)」のようにも見えます。

 いちくんのお出迎えはつい最近始まったことではありません。しかし、飼い主さんはモザイクのようになっていることに、しばらく気づていなかったそう。そのため気づいた時には大爆笑。以来、元気が無い時にはモザイクのいちくんを見て、元気を出しているとのこと。

 この投稿には19万5000件を超えるいいねが付き、「見事なモザイクアートですね」「めちゃくちゃ面白くて可愛い」「マイクラ犬w」など多くの声が寄せられ、コメント欄が笑いに包まれています。

<記事化協力>
柴犬いち 豆柴にじさん(@da_k55)

(佐藤圭亮)