お子さんの説得にもトイレを譲らないトヨちゃん(やしゅうさん提供)

 トイレに行こうと思ったら先客がいた……というのはありがちな話。でも、それが大きな猫さんだったら……?寝る前のトイレをめぐる、猫と子どもの攻防戦がとても微笑ましいものとなっています。

 Twitterユーザーのやしゅうさん宅は、4人のお子さんと大型種の猫さん4匹が仲良く暮らしています。猫さんたちは、お子さんが赤ちゃんの頃から遊び相手になる「育ニャン」ぶりも注目の的。

 ある晩、寝る前の習慣となっているトイレに行った3歳の次男さん。すると閉じたトイレのフタの上に、メインクーンのトヨちゃんが寝ていました。用を足したいからどいて欲しいのですが、トヨちゃんが大きすぎてお子さんの力では抱き上げることができません。

トイレでくつろいでいたトヨちゃん(やしゅうさん提供)

 次男さんから「のいてー!」と言われつつ、顔をむにゅーっとされても「いや、どきませんよ」と、かたくなな態度のトヨちゃん。やしゅうさんによると、このトイレを巡る攻防戦は日常茶飯事のことなんだとか。

「どきませんけど」とトヨちゃん(やしゅうさん提供)

 というのも、猫さんたちはトイレについている手洗台の自動水栓を器用に操作し、好きなタイミングで水を出して飲んでいるので、普段からトイレに出入りしているんだそうです。基本的には水を飲んだら出ていくそうですが、トヨちゃんは水を飲んだついでに、フタの上で寝てしまうことがあるとのこと。

自動水栓を操作して水を飲むトヨちゃん(やしゅうさん提供)

 そういった事情で「トヨちゃんどいて!」という場面があるそうですが、幸いにしてトヨちゃんが居座ったせいでトイレが間に合わなかった……ということはないとのこと。今回も「念のため」でトイレに行ったので余裕があり、トヨちゃんもそれを見透かしていたのかもしれません。

 やしゅうさんがトヨちゃんを抱え上げ、無事に用を足せた次男さん。今後お子さんが成長するにつれ、トヨちゃんとのトイレ攻防戦で力関係がどう変わっていくのか、ちょっと気になりますね。

<記事化協力>
やしゅうさん(@FakeYashu)

(咲村珠樹)