画像提供:柴犬 いそべ 1歳さん(@isobe0912)

 人懐っこい性格で誰にでもすぐ懐いてしまうという柴犬のいそべくんは、ある日、突然出っ歯になり、まるで明石家さんまさんのようになってしまいました。

 飼い主さんが10月12日に自身のTwitterに投稿した内容によると、どうやら犬用のおもちゃであるデンタルコーンを初めてあげたようです。

 「出っ歯みたいになった」と投稿された写真には、デンタルコーン口にくわえた、出っ歯っぽく見えるいそべくんが写っていました。

 飼い主さんによると、カミカミする場所を探すためにデンタルコーンを口の中に入れて歩き回っていた時に、たまたま撮れた写真とのこと。そんな愛犬の姿に思わず笑ってしまったそうですが、当の本人は「え?なに??」という顔をしています。それもまた可愛いです。

 デンタルコーンを食べさせるのは初めてということもあり、喉につまらないようにずっと見ていたという飼い主さん。いそべくんがしっかりカミカミして食べてくれたのが嬉しかったのか「今日はカミカミ記念日」ともツイートしています。初めてのものを愛犬に与えるのは不安なもの。嫌がらず気に入ってくれたみたいで良かったですね。

 今回の写真はカモメ眉毛と出っ歯のコラボが最高で、家族も「明石家さんまさんみたい!」と好評だったとのこと。「すぐに写真を撮りたくなった」という気持ちもわかります。こんな面白い表情をされたら誰だって撮りたくなります。

 この投稿には「この顔がクセになって何回も見ちゃいます」「語尾に『でやんす』付けて喋りそう」「柳沢慎吾さんみたい」など多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちをさんまさんのように爆笑させています。

<記事化協力>
柴犬 いそべ 1歳さん(@isobe0912)

(佐藤圭亮)