画像提供:朔(さく)との日々さん(@saku_russian)

 ペットを飼っていると、予想外の行動で思わず目をそらしたくなる光景に出くわすことがあります。 ロシアンブルーの朔(さく)ちゃんの飼い主さんも、そんな場面に遭遇してしまったみたいです。

 10月20日の早朝6時、「嘘でしょ?」というコメントと共に投稿された写真には、倒れた自動給餌器からキャットフード(通称:カリカリ)が床に散乱し、それを食べている朔ちゃんの姿が写っていました。この光景を見たら、飼い主さんでなくても「あぁ〜ぁ」と言ってしまいそうになります。

 飼い主さんによると、朝起きたら前述のような状況になっていたとのことで、自動給餌器が倒れた音には気づかなかったそうです。アラームで目を覚ました時にキャットフードを食べる音が聴こえて、見に行ってみると目を疑うような光景が広がっていたのだとか。

 ちなみに自動給餌器を倒したのは今回が初めてとのこと。カリカリを食べるために給餌機に飛びついたりしている姿も見たことが無かったため、対策などはしていなかったそうです。「大丈夫だろうと油断していました」と振り返っていました。

 目の前に広がるキャットフードと部屋に充満する香りに、飼い主さんは何が起こっているのか、すぐに状況を把握することができず、「なぜか手を洗いに行きました」と笑いながら教えてくれました。現実から目をそむけたくなる気持ちも分かります。

 この投稿には「食べ放題になってる(笑)」「うちも倒されます」「やらかしましたね」など多くのコメントが寄せられています。コメントをしていた猫飼いさんの中には何度もやられたと言っていた人もいたので、これは何か対策をした方が良さそうですね。

<記事化協力>
朔(さく)との日々さん(@saku_russian)

(佐藤圭亮)